FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

幸福の科学信者のエッセイブログ

慰霊と感謝 

本日は終戦記念日、
中国や南方戦線に従軍していた父も
毎年,千鳥ヶ淵に戦没者の慰霊に出かけていました。

今日はそんな亡くなった父のエピソード・・・・


DSC_6071-20110812-1.jpg


亡くなってから、ぼくの息子にインスピレーションとして父の思いが降りててきたそうです。

父は南方戦線で、死闘を繰りぬけてきたわけですが、
戦後、死ぬまで心の傷を持ち続けていたそうです。
それは自分が相手の戦士を銃撃戦で殺してしまったことが心から離れなかったそうです。

しかし父が帰ったとき、自分が撃ったであろう相手の方が現われ、ニコッと笑い、
手を差し伸べてくれたそうです。

この世ではお互い正義のために戦いをし、人を傷つけ、殺してしまい、、
戦友が殺されれば憎しみや恨み心を抱いてしまいますが
天国の世界ではそのいまわしい戦いを乗り越えた存在があるということを
知らせてくれたのです。

決して戦争を礼賛しているわけではありませんが
戦いにはお互いの正義のぶつかり合いで避けられない、
いや、戦わなければならない時もあります。
平和を願って戦わなければならない時もある・・・・

この世では敵、味方であっても天国の世界では
お互いをたたえ、愛しあい、許しあう世界に生きている存在であるということを
父を通じて教えていただきました。

そんな思いを持って、亡くなった多くの戦没者の方々に慰霊と感謝の念を込めて
書かせていただきました。。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/989-0bf16f96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)