FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

幸福の科学信者のエッセイブログ

命を守る赤い色 

春なのに新緑でなくて紅葉?
春を向かえ、木々が芽吹いてくる頃
若芽が赤いのを見るんだけどどうして?て思いませんか!

DSCF1415.jpg

ちょっとインターネットで調べたのですが 
葉緑素ができる前の葉っぱの細胞を紫外線から守るために
アントシアニンという赤い物質が出来、赤くなっているそうです。
赤い色が若芽の命を守っているんですね。

それと本日、「こころの目で見る」をリンクさせていただきました。
おすすめです!右側のリンクの欄にあります。

いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて

コメント

赤い葉

春でも赤い葉っぱが見られるのですね。
暖寒、異常気象の影響かと思っていたのですが、実は紫外線を防ぐ為だったのですね。
紫外線量が年々増えていくことは、人間や動物だけでなくて、植物も悲鳴を上げているのだなあと思いました。
エコロジー、省エネの生活を送りたいです。

兼業主婦 #- | URL | 2007/03/14 00:25 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/96-81c90bed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)