かめぱぱの心のファインダー 

創造主の慈悲の愛の光溢れる世界を写真と言葉で書き綴った幸福の科学信者ブログ。

さくら 

ぼくら、日本人にとって桜の花は特別だ
日本の文化そのものだ
古来から人びとはさくらを愛し、歴史を編んできた。

この世の栄華、栄枯盛衰を見事に表し、
春の訪れを知らせ、夢、希望、勇気をも与えてくれる花だ

ぼくはこの花で小学校に入り、人生を歩んできた。
人として生まれた以上、人生をあの満開、一面の花で飾りたいものだ。

そして人生の散り際、あの世への旅立ちの時も
たくさんの感謝という花弁を華吹雪のように散らしたいものだ

そして次の人生もより素晴らしき人生として花開かせたい。
そんな、人生哲学を教えてくれた。


DSC_4102.jpg


さくら


満開のさくら

その咲きそろうさまに

どうして、人はこうも酔いしれるのだろうか


たましいの奥底のきおく

枝いっぱいの花を見るたびに

仏の世界を思いだす

母の胎内から生まれたように

仏の胎内から生まれたという

魂の記憶が

蘇ってくる


ぼくは仏の子

あの豊かさ、発展繁栄の光を 知っている

遥か昔から

さくらの花を知っている。。


コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/890-7c4e4f81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)