FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

幸福の科学信者のエッセイブログ

母の歌 

父が亡くなってさみしさの中にいる母、
いくら僕たちが心砕いても時の流れにゆだねるしかない・・・。

今日は今月最後の休み、母の朝食を作ったあとも一緒の時を少し持てた。

母は歌が好きで、よく自作の歌を歌っている・・・。
それで母に歌を歌ってみないというと
声がでないと最初はちゅうちょしましたが歌ってくれました。

曲調は御詠歌に似ています。
良く耳を澄まして聴いていると
あの世との交信みたいな感じですね・・。
その時々の思いをあの世に発信し、あの世の霊人が答えてくれる・・・
そんな感じのする歌ですね。。

もちろん今回の相手は父のようです。
現在の父のあの世での心境や、母の思いが歌われてきます。

今、母のもとにいるのは自分ですからぼく自身に対する思いも
”たかし”という名で歌われます。

父や母の信仰。妙智会や幸福の科学の名前も入っています・・・。
父の思いは今も世のため人のため、そして自分も幸福にと
変わっていませんでした。

歌は30分近く詠っていたでしょうか
いつも出てくる橋があってその橋の名前が「どんどんばし」
どんな橋なんでしょうか・・・・・。

歌い終わった後で母が心の中に浮かんでくることを詠っていたといっていました。
また歌を詠うと心の中がすっきりとするんだよと教えてくれました。

ぼくらかめぱぱ一家・・・一族は信仰を柱とした魂軍団。。
いろいろなタイプの魂が集まっています・・・。

今回はエル・カンターレ信仰を根付かせる使命のもとに
親となり、子となり、兄弟、親戚となって生まれています。
父もその一翼を担っていました。

そして母もです・・・・。


DSC_2723-1.jpg


いま家庭の中でも信仰の違いによって悩みを持っておられる方も
おられると思いますが

一度、自身の握っている信仰を手放し、
仏の本願成就のために縁を結んだ尊い集団、
家族であるということに気付きはじめたとき、
家族、家庭の法輪は確かなるものとして廻り始めます。。

母の歌にはそんなメッセージも込められていました。
これからも元気に歌を詠い続けてもらいたいものです。。


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2010/08/20 19:12 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/791-7ef356b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)