FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

幸福の科学信者のエッセイブログ

定年 

昨日、定年をむかえました。
僕にとっては人生の折り返し点、節目の年でもあります。
仕事自体は2月から一年契約で同じお店で今までどおり。

夜の8時にお店を出ましたが、自転車に乗って家路につく僕を
満月が祝福の光を投げかけてくれ、見守ってくれていました。
その満月を背に受けながら人生60年を振り返っていました。
両親、兄弟、そして、たくさんの方々に支えられてこの日を迎えられたことに
感謝でいっぱいでした。
お店にいるときも、たくさんの商品が僕を祝福してくれているようでした。

僕の収入は三分の一になります。
これでは両親を含め家族を支えることは困難です。
現実的には子供たちの援助を受けなければOUTです。

子供たちにもそれぞれの人生があり、それぞれの計画をもって、
リスクを背負いながら生活しています。

そこに僕の収入減は大きな不安と負担を与えたことになりました。

一週間ぶりに家に帰ってきた長女の顔にはその不安、
重さに耐えているのがよくわかりました。

次女は一級建築士の資格を取るために一年間仕事を辞め専心、
見事合格し、いま、就活中、アルバイトをしていた外資系の会社に
正社員の話が出、面接待ち・・。
長男は自分の夢を追って、フリーター中、

同居している弟は小沢・鳩山不況でコンクリート関係の下請けの仕事が
ない状態が数カ月続いています。
マイナス要因を探したら数えきれないくらいあります。

僕の人生は極貧の中でスタートしました。
そして、37歳の時、幸福の科学に出会いました。
多くの支え、導きのもとでここまでこれました。

いま60歳、折り返しの人生をスタートするにあたり、
今年は大川隆法総裁先生より『創造の方を』賜りました。
そうなんですね僕の人生の創造元年でもあるんですね!

そのスタートは信仰からのスタートです。
もうなにもありません。
手元にあるのはエル・カンターレを迎えられる○○があるだけです。

子どもたちは反対でした。
自分たちがまだ僕たちを援助できない状況の中で無謀だという意見です。
でも僕は自身のためでなく、人生のゼロからのスタートを光の中から
出発させたいのです。それが夢でした。


DSC_1694-2.jpg


そして、エルカンターレ信仰を人生の中心軸にすえスタートすること、
生きることの大切さを子供たちをはじめ多くの方々に実人生で証明したいのです。

僕たちの両親がそうであった。
両親は今でもその信仰に基ずいて生きています。
出会った信仰自体は教えが浅く霊的な要素が多いので、
今の両親たちはその悪しき影響を断ち切ることができません。
人生の後半、体力も気力も萎えた体には霊的抵抗力も消えかかっています。
しかし、素晴らしい両親です。。

僕の兄は子供の頃、両親に沿ってその信仰に熱心でした。
しかし、両親の信心が続けば続くほど家は不幸になっていきました。
経済的には困窮し、両親のけんかは堪えませんでした。

兄は長男なのでその荒波を真っ先に受けていました。
そんな痛い経験があって兄はお釈迦様の教えは信じるが
宗教団体の教えは信じないというスタンスです。

幸福の科学に対してもしかりです。 お布施?どんでもない!です。
悲しいかな宗教ビジネスと見ています。
きっと僕に対しても「早く目を覚ませ!」と思っていることでしょう。

しかし僕は兄とは違いました。
僕は子供の頃両親の信仰にはあまり関心はありませんでした。
というか、ふつうの子でした。
しかも貧乏でいるのは、信仰のせい、お布施のせいとは思いませんでした。

むしろ、信仰する姿を見せ続けられました。
結果は両親の信仰では本当に人を幸福にはできないということと、
悟りの力、智慧こそが自分を幸福にし、
家族も、周りの人も幸福にするということを学びました。

霊的な力だけでは何の解決にもなりません。
調子がいい時が天国の霊の影響を受け、調子が悪いときは地獄霊の影響を受けます。
これは一瞬です。 これではいかんです。

仏法真理の教えに基づいた悟りこそが人間を安全に幸福な人生へと導き続けるのです。

そして今、僕は子供たちにぼくがしてやれる最大の贈り物、
決断の最後は信仰を取る、
信仰をもって人生航路を生きることの素晴らしさ、大切さを今示そうとしています。

ここで僕が失敗すればあの時、
エル・カンターレをお迎えしなければよかったと思わせてしまうでしょう。

兄と同じような思いを持たせてしまいかねません。
これだけは何としての防がなければなりません。
この信仰を子供たちに不動のものとして根付かせなければなりません。
この勝機、勝算あり!です!!

いま、僕は自身の心に新らしい未来創造の種を蒔いていると同時に
子供たちの信仰の大地にもエル・カンターレ信仰という未来創造の種を
蒔かせていただいていることを実感しています。

かって両親が命をかけて僕に信仰の大切さを教えてくれたように
僕もいま、同じことをしていることに不思議な運命を感じています。。

定年、僕にとっても家族にとっても未来創造元年という節目の年になりました。
                        
                        未来は明るい   感謝 合掌





コメント

かめぱぱさん
おめでとうございます♪
素晴らしい決断です
同じ信仰者として大変誇りに思います。
いよいよ本領発揮の時が来ましたね(^_^)v
本当におめでとうございます

ホープ #- | URL | 2010/02/03 19:21 * edit *

長い間、お疲れ様でした。
収入が減ってしまうことは、とてもつらいことではありますが、
同じ仕事を続けることができることは、ありがたいですね。
身体に気をつけて…
今年も宜しくお願い致します。

iwakagami07 #bB8MsYjY | URL | 2010/02/02 21:39 * edit *

ありがとうございます。定年を迎えられおめでとうございますといってよいのかわかりませんが、長い間お疲れ様でした。

Tanpopo #xOVQMwxE | URL | 2010/01/31 15:29 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/714-0656d5be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)