FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

幸福の科学信者のエッセイブログ

ダイナミック(創られた世界と作られた世界) 

覇権国、衰退すれども没落せず
中国に追い上げられる米国
2009.11.13(Fri) Financial Times

という記事をネットで見ていたのですが
最後のほうに
マルクス主義者を別にすると、歴史というものは予定通りには進まない。
という個所に出会い、今回のタイトルがふと浮かびました・・・。

このフレーズを自分なりに(仏法真理を学んでいるものとして)考えてみましたが、
どうやらキーワードは”自由”ではないかと思うにいたりました。
”自由”は仏神(創造神)が人類の与えられた法則です。


DSC_1211-2.jpg


自由には”創造の自由”と”選択の自由”があり、
この二つによって時には衰退するように見る世界は
ダイナミックに発展繁栄、進化し続けてきましたし、
今後も保障されています。
なぜかというと”創造神の法則”だからです。

「マルクス主義者を別にすると、歴史というものは予定通りには進まない。」

自由と不自由な世界、
マルクス主義者は平等を愛するあまりに”自由”を捨てました。
いや、広く国民を不自由にします・・。
これは神の創られた法則”自由”に反します。

今、日本をはじめ、世界は未来が予測できず
不安定きわまる状況の中に置かれていますが
”自由が”守られている限り、
世界は仏神の法則、発展・繁栄の道の中にあります。

しかし、マルクス主義者が時間の流れの一点を見つめ、”自由”を悪者とし、
社会主義へと進む道は仏神の法則に反しており、衰退への道

ひにくにも仏神の法則によってその選択は線香花火のようであり、
ぜんまい仕掛けの時計のように時を刻むのをやめてしまう。

歴史というものはとても怖いです・

”歴史”というものは創造神”仏神”の造られた時間と空間のなかでの
人類の仏神への”自由”に対する答えであり、通信簿でもあると思うのです。

その時代の人類の叡智、レベルを物語り、仏神への信仰心を物語っています。

仏神への信仰を持ち続ける限り、この世界は
よりダイナミックな幸福を味わい続けることになる

とぼくは考えています。


DSC_1192-1.jpg


自由に伴う責任、これは時には辛いものです。
しかし、内なる弱気心に負けず、悪魔のささやきに耳を傾けず、
勇気をもって仏神からの人類への贈り物”自由”を守っていきたいものです。

”創られた世界の中で私たちは世界を作っている”というのが真実の世界観なのです。

創られた世界の法則を知らずしては
真なる世界を作ることはできないのです。。


僕はこの国の人たちの真心、民意を信じて

鳩山(小沢)民主政権の社会主義化へのかじ取りは
私たち国民のめざす”新なる自由”とは違う世界への選択です


ということを改めて主張させていただきます。





コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/699-fd8550d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)