FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

幸福の科学信者のエッセイブログ

めしのたね 

成功をたたくのが好きな嫉妬社会
幸福実現党出現は”めしのたね”ができたとおおよろこび
これからにぎやかになることでしょう。。

このブログを見てくださる方も”非難、中傷”を目の当たりにすることでしょう
ぼくの父はフライデーの件で悪徳マスコミの報道を真に受けてしまいました。
もちろんいまはよき理解者です。。

そこで先手必勝!
今回は”非難や中傷の受け止め方”を
大川隆法総裁先生の御著書
『幸福への方法』から一緒に学んでみたいと思います。

DSC_9892-23.jpg

『幸福への方法』から抜書きさせていただきました。

世の中では、非難や批判、中傷が集まってくるときには、
成功している場合が非常に多いということを知ってください。
学力においても、この世的な仕事においても、人生においても、
みなさんが急速に成長しているとき、魂的に伸びているときには、
非難や中傷が集まりやすいのです。

みなさんが単なる失敗者であるとき、あるいは平凡な人であるときは、
非難されたり、中傷されたりすることは、あまりないものです。
そうした人に対しては、世間の目はまったく気にもかけません。

ところが、目立ってくると、やはり気になるものです。
そして、いろいろと”狙撃”したくなるのです。

そのときには、「自分はいま成長しているのだな」ということを実感して、
魂的にも強くならなければいけないのです。
「いま成功しているんだ。伸びているんだ」ということを実感するならば、
非難や中傷、悪口に対して、もっと強くなくてはいけません。
負けてはいけないのです。

そうしたことにかまけているよりは、自分自身をもっと成功させる方向で、
もっと生産的な方向で、努力していくことが大事です。
もう一段、高みを目指して努力することです。
はるかに高くなっていった人に対しては、周りの人は手が出せなくなってくるのです。
                    (P71~72 ”非難や中傷の受け止め方” より )

非難や中傷は自分自身の中にもある”成功者”を引きずりおろす行為であり、
発することも、真に受けることも「幸福への方法」とは逆の方向へ導きます。
良い政党ができたものだ!自分も応援したい!見守りたい!
というような心境を持ってこそ良き世の中が現われてくるのです。

2009年10月17日全国ロードショー『仏陀再誕』 公式サイト
天使のモーニングコール
宗教法人幸福の科学公式HP
自殺防止”WITH YOU"


コメント

はじめまして

なるほど。

幸福実現党を立党したとたんに、
個々人のブログでは、週刊誌記事やネットでの被害の声を真に受けて、
そこかしこでカルト呼ばわりです。

愛読者として、とても腹が立ちます。
読んでここがおかしいからカルトだは、内容はともかくも姿勢はまだ許せますが

読みもしないでカルト扱いする。
そしてそれが政治ブログランキング1位にいたりするのを見ると悲しくなりますし、

そういったブログに出入りしていてコメントを入れている人たちは、
著作に当たらないで週刊誌ネタをもとにしている姿勢を批判しません。
そして、2次的 3次的に カルトだ カルトだとおだをあげている姿を見て、
なんじゃそりゃと思います。

が、なるほど、こういう視点がありましたね。
ちょっと気持ちがスッキリしました。
ありがとうございます。

いの #- | URL | 2009/06/03 22:37 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/622-13b7a4d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)