FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

幸福の科学信者のエッセイブログ

権利と義務について考えました 

先日、50年後に人口が9000万人という記事を新聞で読みました。政府でも対策をとり、子育て支援金、児童手当等を言っていますが、誤解を恐れないで言えばお金がなくて子育てができないなんてうそです。昔から「貧乏人の子だくさん」といわれますが子供は育てられます。最低3人は大丈夫でしょう。問題はもっと他のところにあると私は思います。いまの社会は「権利社会」です。多くの人たちが権利のみを主張し、生活しています。先日も社会的な立場にある方がワンちゃんの散歩でウンチの始末をしないところを見てしまいました。自由に生きられるということはとても素晴らしく、ありがたいことです。しかし、自由には責任がともないます。義務といってもよいでしょう。義務というと良い反応をしない方が多いのですがこれは仏に対する義務です。この大宇宙を総べる仏の意思・法則に対する仏の子としてのやるべきことです。義務とは仏に対する感謝・報恩行だと信じています。
僕たちはあの世とこの世を転生輪廻(てんしょうりんね)している永遠の旅人です。この転生輪廻も仏の創られた法則、システムです。このシステムを維持してこそ幸福な人生が約束されているのです。僕はあるブログで自殺に対して「深い悲しみといきどうりを感じます」と投稿しましたが真意はここにあります。この部分が日本人の根本の部分に根を張らない限り、どんなことをしても人口は増えることはないのでは?国は衰退していくでしょう。僕も仏に生かされ、多くの方々に支えられてここまできました。これからも自分に与えられた宝で社会にお返ししていくつもりです。と、こんなことを朝から考えてしまいました。
 最後に仏は転生輪廻のシステムについて『この世に生を受け、人生を楽しんでいるのだから、このシステムを維持することは、人間としての”税金”の部分なのだ。もし、このシステムがだんだん崩壊していくことになれば、人間には権利だけがあって義務がないことになってしまう。人間は義務をはたさなければならない』と教えられておられることを記しておきます。

DSCF0384-2.jpg
日暮里駅前の再開発 手前がモノレールの高架(来年開通)


自殺者を減らそうキャンペーンについて

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/61-47cc4f1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)