FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

幸福の科学信者のエッセイブログ

念いの針の先 

DSC_9612-27.jpg

きょうは文化芸術祭に入選した写真の額探しに
二番目の娘と池袋で待ち合わせし、東急ハンズにいってきた

今日の池袋は天気も大変よく、人、人、人
そこでふと思ったのですがこれだけの人が
相対の世界のなかでそれぞれの念いの世界の中で生きている
そこに蝶々がとんできた
蝶々には蝶々の世界があるのに
同じ空間にたくさんの世界が同時進行で存在している
不思議だね!と娘に言って
自分にも本当にそうなんだよなぁと・・・。

人の心は一念三千世界に通じているといわれています
幸福の科学では「波長同通」と教えていただけますが
一人一人の心の世界は違いますからそれだけの世界が
展開してますが似たもの同士が村社会、町、世界を創っています

これがあの世の世界では大きく分けて、天国と地獄に
分かれるわけですが、これは死んでからの話だけではないんですね
現在只今の心持が実はあの世の世界と通じているということ
その見えない道をとうしてあの世の霊たちも来たりしています
これがぼくたちのこころの世界の真実なのですね

何をいいたいかというと
芸術家さんは感性が飛びぬけているので
すぐのあの世に通じてしまいますが
普通の人よりも天国・地獄に通じやすいということです
ポジティブなときはいいのですがネガティブなときは
坂道を転げ落ちていくように下の世界へと吸い込まれていきます。

これはにんげんのなかにもっている陰陽の部分なので
仕方がない部分ではありますが悟性、悟りの力によって
コントロールすることができるよう仏がシステムを創ってくださっています
つねに仏の光りの充電をして防ぐしかないのですね
また、仏の光りのドームの中に入る機会を常にもつということが大切です
信仰、信仰生活ははずせません。

これは何回も経験してそのことに気付いていくのですが
悪とか失敗、マイナスの思い、地獄は人間の魂の向上、
教育的な側面もあるということ 
ここにも仏の愛が望んでいるということを
忘れないようにしたいものです。。

額装はアキバのヨドバシで調達した額で無事終わり、後は搬入だけとなりました
先先に手を打つ、心に余裕を作ることが何事も大切と
これで明日からの仕事も集中できそうです。

2009年10月17日全国ロードショー『仏陀再誕』 公式サイト
天使のモーニングコール
宗教法人幸福の科学公式HP
いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/602-b7f56bd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)