FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

エル・カンターレ信仰を心の中心におく真理写真家の信仰告白ブログ

「三密」・・・正命・・調和の取れた空間 

「内面の美」は
「外見的な美」を
支えます
   
(大川隆法総裁先生『美について考える』より)




File1326-1.jpg

 ニコンDf 



人生修行にとって欠かせない三つの密なるもの、

それは「身」「口」「意」の三業。八正道で言われるところの「正命」

・・・正しい生活にあたります。

この三密・・・正命空間の中(磁場)においては仏の光に満たされており、
仏の光のご加護を受けています。



中国武漢発のコロナウイルスは人を死滅させることを目的とした悪なるものです。

「善なる心の持主は善なるものを引き寄せ、
悪なる心の持主は悪なるものを引き寄せる」
という

引き寄せの法則、「原因結果に法則」はこの宇宙の法則です。

この法則のもとに人類の歴史は積み重ねてきているのです。


しかしながら信仰なき現代人の三密は 1.密閉空間(換気の悪い密閉空間)、

2.密集場所(多くの人が密集している)、 3.密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発声が行われる)

という3つの空間にと宗教的真理とは別な意味にたとえられています。

これがコロナ伝染を防ぐというのです。

然り然り、否否です。

「正命」という大切な生活形態を忘れさっているからです。


小池都知事も現代の三密を重視し都民に守るように言っていますが八正道の「正命」、

正しく生きる、正しい生活の道に入る・・・という教えから言えば多くの人々の命を預かる、

幸福を左右する指導者としては天上界から厳しい判断が下さられることは見えています。

はっきり言って死後の世界は即天国に変えれる状況ではないと思います。


この地上世界、人生を生きるということは大いなる成果、成功者となることもできますが反対に厳しい面もあります。

だからこその「人生は一冊の問題集」なんですね。

この「人生は一冊の問題集」はお一人お一人がこの世に生まれてくる前、ご自身で作成されたものです。

「三密」ということに関しても「人生は一冊の問題集」の中の重要な問題部分として載っているですね。

きっと「人生は一冊の問題集」の副題には

信仰心持たずして人生の成功、人々の幸福はあり得ない・・・・・

と書かれているのでしょうね。

厳しいですがこれが人生の真実なのです。

私はそれを信じ、今70を迎えています。。


エル・カンターレを知ろう👇
☆「守りは大丈夫か」 幸福の科学月刊誌5月号・【大川隆法・こころの指針186】を見る




11191822_5dd3b46a23d96 (2)

画像クリックで幸福の科学出版の公式サイトに飛びます。


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
"> 
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風nPartⅡ
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/4045-9c7f3003
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)