FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

幸福の科学信者のエッセイブログ

最高の信念の力は信仰心 


「内面の美」は
「外見的な美」を
支えます
   
(大川隆法総裁先生『美について考える』より)




File1339-1.jpg

2019年5月 カヤノ平ブナ林にて ニコンDf




毎年毎年ブナの巨木を支える若葉、

この芽吹きがあってこそブナはまたまだ成長できる。

ブナの新芽、若葉には成長のための智慧がたくさん集められていることが見て取れる。


また、ブナの成長意識とは別に創造の意識も見え隠れする。

そう、創造主の思いがこの地上に存在するすべてに込められている。

その思いのシステムを慈悲の光というのだろうか。


人間には最大の自由が与えられている。

創造の力が与えられているのだ。

その創造の力、創造の自由は繁栄にも破壊、消滅にも使える大きな自由だ。

創造主の創造の思いにかなった方向で使われる自由が「真」であり、「善」であり、「美で」ある。

正反対に使われたとき、不幸感覚を生じ、現実化として悪が生じる、破壊、破滅、悪魔、破壊神として実体化してくる。


ゆえに創造神、根本仏は創造の思いを法として、教えとして地上生命に示す。

それを学べるのが地球という星。

人類は根本仏の教えを法として生きたとき無限の成長、発展繁栄を享受できる。


僕は最高の信念の力とは信仰心の中にあると思う。

根本仏の教えを強く信じ念じ、行じていくなかで神ご自身が持っておられる信念の力と

一つになることができる。

唯一神がもっておられる最高の信仰の光りを垣間見ることができる。

これこそが創造された魂の最大の幸福・・・

そんなイメージが心の奥底でぽっと光り続けている。


『鋼鉄の法』は今年最強の人類の未来を明るく開く書。。


「母の祈り」 幸福の科学月刊誌01月号・【大川隆法・こころの指針181】を見る>




11191822_5dd3b46a23d96 (2)

画像クリックで幸福の科学出版の公式サイトに飛びます。


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
"> 
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風nPartⅡ
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。


コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/3768-98d96356
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)