FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

エル・カンターレ信仰を心の中心におく真理写真家の信仰告白ブログ

信念の力が潜在意識を変える 


「内面の美」は
「外見的な美」を
支えます
   
(大川隆法総裁先生『美について考える』より)




DSC_1825-1.jpg



潜在意識の創造の力には慣性の法則が働いています。


そう、今までの人生の中でプラスの事やマイナスの事ですごく印象に残っていること、思ったこと。

それが潜在意識に影響を与えています。


特にマイナス、そう、悲しみや苦しみの感情を覚えたことが大きくその後の人生に影響を与えています。

その影響を与えているものの正体が潜在意識なんですね。


人生というのはこの潜在意識をどう操っていくかということなんですね。

ですから、この今考えている自分、これが自分と思っている自分・・・この場合は表面意識。

この表面意識も心の一部なんですがこの表面意識のマインドを変える、

そしてマインド・セットですからどこに変えたマインドをセットするか・・・が大事なんですね。

セットは潜在意識、そうなんです潜在意識を変えるということがマインド・セットということなんですね。


最初に慣性の法則と書きました通り、潜在意識の慣性を変えるには大きな衝撃を与えるか毎日コツコツコツコツと

プラス、変えるということを実践としてやり続けることが大事なんですね。

コツコツやり続けることによって知らず知らずのうちに潜在意識は変化、そう不動の変化、新たなる不動心ができてきます。

もう一つの大きな衝撃を与えるという方法は一瞬は変わりますが慣性は残っていますのでまたしばらくたつと元に戻っていきます。


これがよく精舎研修で次元上昇するが家に戻ってきたらまた今まで通りの生活になってしまうという意味なのですね。


大川先生はこの『鋼鉄の法』を一年間実践していってくださいと言われました。

大きなことでなく、日常においてできることを毎日毎日実践しているということが日本刀づくりのように強靭で切れ味鋭く

美しい刀になります。


日本刀は一振り一振り刀の波紋も違います。

刀工は自分以外の一切の事象、

自分に降りかかる、関係しているすべての事から逃げずに真正面から撮り込む・・・これが”打たれ強い”ということなんですね。


なんで”打たれ強い”ということがが大事かというと日本刀づくりでいう焼きを入れ金づちで打ちつづける、

そしてまた焼きを入れ、また打ちつづける・・・・これであの日本刀ができてくるのです。


今までのようなひ弱な心、自分は強いと思っていた心では戦えない時代がゴールデンエイジの時代。

日本刀のような強靭な心なくしてゴールデンエイジは創造できないということなのですね。


この『鋼鉄の法』、幸福の科学信者だけのものでなく、すべての宗教者、いや日本国民、全世界の人にとって

大切な「未来創造の書」そのものなんですね。


人生の諸問題を、世界にの政治情勢を判断解決していく中で新たなる問題が出てくるがこの『鋼鉄の法』で

乗り越えていけということなんでしょうか。。



「母の祈り」 幸福の科学月刊誌01月号・【大川隆法・こころの指針181】を見る>




11191822_5dd3b46a23d96 (2)

画像クリックで幸福の科学出版の公式サイトに飛びます。


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
"> 
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風nPartⅡ
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。


コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/3767-3f0121d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)