FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

幸福の科学信者のエッセイブログ

ブナ林にて 


「内面の美」は
「外見的な美」を
支えます
   
(大川隆法総裁先生『美について考える』より)




File3641-1 (2)


Ⅱ019年5月 十日町 美人林にて ニコンDf




昨年の五月十日町の美人林に出向いた。

日は高く、また若葉のシーズンは過ぎていた。

飯山の鍋倉や、志賀高原のブナ林の新緑に染まった心には美人林は心がマッチングできなかった。

撮影終了の時間が迫ってきたときブナの樹間から漏れる光に浮き出ているものが心に入ってきた。


冬の雪深いブナ林の中で永遠の今を待ち続けていた小さなシダ。

「あなたと会えることを待っていたんだ‥。」



「母の祈り」 幸福の科学月刊誌01月号・【大川隆法・こころの指針181】を見る>




11191822_5dd3b46a23d96 (2)

画像クリックで幸福の科学出版の公式サイトに飛びます。


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
"> 
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風nPartⅡ
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。


コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/3764-a8287869
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)