FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

幸福の科学信者のエッセイブログ

唯一の光り 


「内面の美」は
「外見的な美」を
支えます
   
(大川隆法総裁先生『美について考える』より)




File207-222.jpg


ニコンDf




世界は今、まさに闇におおわれようとしている。

太陽は地球を回りめぐっているように見える。

朝、日が昇り、夕に沈む。

その太陽の恩恵に人々は神の存在、温計、慈悲の光に気付く。


だが、今の時代はその奥にある神の御心を知らねばならない。

大きな光、真理の太陽がこの地上に昇っているが、地上生命という肉体を持たれている以上、

不滅ではない、必ずこの地上を去る時が来られる。


その真理の太陽が沈む前にわれらは唯一の光り、信仰の光を自らの心の中に

しっかりと点さなければならない。


この信仰の光り、信仰の光の継承こそが未来を切り開く力、

唯一の光であるのだ。



「母の祈り」 幸福の科学月刊誌01月号・【大川隆法・こころの指針181】を見る>




11191822_5dd3b46a23d96 (2)

画像クリックで幸福の科学出版の公式サイトに飛びます。


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
"> 
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風nPartⅡ
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。


コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/3748-ba21a947
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)