FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

幸福の科学信者のエッセイブログ

公案禅と写真 


「内面の美」は
「外見的な美」を
支えます
   
(大川隆法総裁先生『美について考える』より)




DSC_9992-1.jpg

ニコンDf



日曜日の「自らを愛する基本研修」を受けるので土曜日は前日宿泊してのんびりと。

というわけで禅定宿泊になりました。


受付でで四季禅なるものを始めていただきました。

主のご慈悲に感謝です。


今までも撮影の時はインスピレーションをいただいて「ここ撮ってごらん!」という感じで被写体を与えられているのですが

あとはあくまでも自分の感性でシャッターを切っていましたが明確に仏からいただいた「公案」を思慧しながらに撮影は

正直はじめてかもしれません。


公案の内容は書けませんがいただいた四季禅は秋で「こおろぎのこえ」でした。

「こえ」を聴く側か「こえ」を出す側かで視点も思いも変わってきます。

これは「自分の立場で観るか」、「相手の立場で観るか」ということなのかもしれません。

その両方の視点を持ち、それぞれを理解したうえで仏の視点でもう一度見直す。


この悟性あってそこに己の感性を併せ持って真の意味で「ピント」があってくる。

これが真理写真家の極意なんだろうな・・・と思う次第です。


ゆえに「美」の中に「真」があり、「善」があるということなんですね。

「真」・「善」・「美」は一体であり、主と一体となるとは創造主の「真」・「善」・「美」と一体となることでもあるんですね。

深淵なる神の芸術の世界を垣間見せていただいた瞬間でした。    感謝



「ヒーローの姿」 幸福の科学月刊誌12月号・【大川隆法・こころの指針180】を見る




11231442_5bf79358e3f85.jpg

画像クリックで幸福の科学出版の公式サイトに飛びます。


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
"> 
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風nPartⅡ
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。


コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/3651-56674c77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)