FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

幸福の科学信者のエッセイブログ

香港を中国から守ろう!香港に学ぶ「自由・民主・信仰」の国とは 



DSC_6334-1.jpg



なぜ香港の人はあれだけデモに参加するのだろうか・・・

僕は自由の行使の選択肢がすでに奪われていてもうデモしか残されていないのではと思っている。


今の香港では政治に参加(立候補)するにも中国政府の意向に沿った人しか認められないというのだ。

民主主義の根幹でもある参政権がすでに奪われていると言っていい。

立法も中国政府の思うがまま、もう参政で問う道も閉ざされている。

香港の人たちにとってデモは自由・民主の最後の砦なのだ!


だから死守しているんだ、これに敗れたら香港は一気に中国政府に飲み込まれる。

自由も民主も信仰をも持てない社会がもうすぐそこまで来ているのだ。

この危機感を日本人は分っているのだろうか・・・。


日本は国民に参政権がある、選挙権もある。

えんぴつ一本で自由を行使できる・・・。

これがどれほどありがたく、大切でまた守らなくてはならないものなのだ!ということを香港の人たちのデモを通して、

まだ先日、幸福実現党が新宿で行った【中国の覇権主義から香港・台湾・日本を守ろう!】デモに参加して痛感しました。


私たちは投票所に置いてあるえんぴつ一本で政治を変えることもできるのです。

日本という国の未来をデザインすることに一人ひとりが参加することが、その自由が保障されている。


それが中国にはない!香港もすでに中国政府によって奪われてしまっているのです。

残されているのは服従か命をかけた行動、そうデモしかないのです。

この必死さが皆さん、わかるでしょうか・・・。


なのに日本政府は何も言わない。

与野党の国会議員も何も言わない。

政治家なんでしょうか・・・いやすでに政治屋になっているのはわかります。

が、しかし、日本が自由・民主・信仰の国、”自由・民主・信仰”の盟主国であるならば

なぜ、香港を支援しない、台湾も同じだ、尖閣も然りだ!


なにが善で何が悪か! 国際正義とは!

それを中国にもの言うのが”自由・民主・信仰”の世界に生きる国民ではないか!

”自由・民主・信仰”の盟主国日本の使命ではないか。。


【きょうの美の言葉】・・・大川隆法総裁先生『美について考える』より

「真・善・美」は
神への道です



「なぜ笑う」・・・【月間幸福の科学2019年6月号】を見る




11231442_5bf79358e3f85.jpg

画像クリックで幸福の科学出版の公式サイトに飛びます。




慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
"> 
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風nPartⅡ
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。


コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/3521-c7422c88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)