FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

幸福の科学信者のエッセイブログ

風景写真家 



DSC_5265-1 (2)



若いころ、紅葉真っ最中の穂高の涸沢で「身体中真っ赤になって」と表現したことがありますが、

「若葉緑に心を染めて」この山全体にみなぎる新生、芽吹きのエネルギーと一体化している自分、

この自分とは何者なんだ!・・・・と思いながら一歩一歩ブナの林に入っていました。


何を伝えたいのか!

何が伝えられるのだろうか・・・

創造主の存在を知り

創造主のご降臨を知り

創造主に教えを賜り

この地上を仏国土ユートピアにしようと

活動している今、

僕は何をなさんとしているのか、

ただ単なる風景写真家では済まされない・・・・・

降り注ぐ神の愛

そして祈りにも似たブナたちの

この世界に生きる人たちへの愛の営み

ここにも神の命をわが命としている尊き命の営みがある

その神の愛が

美となり知となる

そんな作品を世に送り出したい。。



【きょうの美の言葉】・・・大川隆法総裁先生『美について考える』より

「真・善・美は神への道です」



「なぜ笑う」・・・【月間幸福の科学2019年6月号】を見る




11231442_5bf79358e3f85.jpg

画像クリックで幸福の科学出版の公式サイトに飛びます。




慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
"> 
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。



コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/3502-538b0914
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)