FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

幸福の科学信者のエッセイブログ

どっちが売れる 




DSC_4677-11.jpg



今回のタイトルは”どっちが売れる”です。

写真は世田谷区東松原商店街の八百屋さんで撮らしていただきました。


ところでどっちのどっちでしょうか・・・・

298円のとちおとめか398円のとちおとめか、安い方でしょうか、高い方でしょうか。

そういう見方もありますが今回は違った視点で見てみました。


298円は外税、だからこれに消費税8%が乗ると321円、

このとき値札表示を298と書くか321と書くか、

どちらが消費者の購買意欲につながるか・・・・・。

時勢、景気の状況にもよりますが今は景気停滞の時代、300を切っている数字と300を超えた数字では

心理は数字の低い方に流れます。


そしてここからが知恵なんですね。

人はいったん買うと決めたものはその後の消費税分は気になりなくなります。

あっ、消費税8%がのるのね!321円?まっいいか・・・となります。

これは高い方でも同じです。


で、10%の場合ですが298の10%で328、398の10%で437。

328とか437とかの数字って普段の昼食代の数字からしたら・・・・・。

でもこれにゼロが一つつくと違います。


結局何がいいたいかというとその街の経済指数なんですね。

この町では我慢できるのは数百円、ここが庶民感覚なんですね。

そうするとここでする話は数十万単位の話をしては駄目で数百単位の話を知ることが

この町の住民に受け入れられるということです。


選挙でも同じでその地域の商店の値付けを観れば話す内容も変わります。

ここがニーズを知るヒントになるし、さらにその上のニーズの創造まで伸びていくんですね。

通り一遍の政策話だけでは鼻にもでなく頭にもかからないということです。

これを顔が見えていない活動と言われるんですね。


ま、どうでもいいようななんか変な話になってしまいました。

お許しを。。


「心の弱さに耐える」・・・【月間幸福の科学2019年5月号】を見る



11231442_5bf79358e3f85.jpg

画像クリックで幸福の科学出版の公式サイトに飛びます。




慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
"> 
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。


コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/3490-98fa8037
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)