FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

幸福の科学信者のエッセイブログ

『僕の彼女は魔法使い』の魔法の修行シーンを見て思い出したこと 



DSC_3713-1.jpg



映画『僕の彼女は魔法使い』の中で優一君が魔法の修行をする場面があります。

その中で」最後の修行が絵筆を使わないでキャンバスに絵を描くこと・・・

○○の力で絵を描くのですが悪戦苦闘、なかなか描けません。


僕は「あれっ!写真と同じ・・・」と思いました。

写真は絵筆を使いません。

レンズを通してフイルムやセンサーに取り込み、フリント化やデジタル画像として表します。

そしてここに隠されたものが残されています。

それは対象物の奥に潜む光り、光りの存在を写し込む、描き込めるかということです。


だいぶ前になりますが僕の友人がハスの花を撮りました。

とても素敵な写真でした。

「よし、僕も!」と僕はハスの花を同じように撮りました。

でも妻に「お父さんのは光りが出ていない」と言われました。

何度とっても妻の答えは”No"でした。


そんなことがあって僕は毎日朝四時に起きてお祈りをし、それから自転車で上野の不忍池に行きました。

六時半まで撮り続け、、時間が来たら家に戻り朝ご飯を食べてから仕事に向かいました。

こんな生活を一か月くらい続けましたでしょうか。

そして蓮の花のシーズンの終わりごろに撮ったハスの花を妻に見せました。

妻は「お父さんの写真にも光が出てきたよ」と言われました。

「やったー!」ととてもうれしく思いました。

映画を観ていてそんなことが思い出されたのでした。


物体じゃないのですね!思い、おもい、念いなんですね!

心の中に思い描けることしか写しこめないというか光りは降りてこないのですね。

全ての存在は神の光が次元を下って物質化したものなんですね、

だから、こころが高次元に届けば届くほど光りの写真になってくるわけです。

これが本当の意味での「光りの魔術師」、そんな光りの魔法使いをこれからも目指します。。





bokunokanojohamahotsukai_20181115_01_fixw_640_hq.jpg


千眼美子が主演「僕の彼女は魔法使い」
全国劇場公開中 初登場週間ランキング三位獲得


公式サイト
https://bokukano-maho.jp/





 画像クリックで幸福の科学出版の公式サイトに飛びます。

11231442_5bf79358e3f85.jpg
 




イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。

『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。




コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/3396-647e9373
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)