FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

幸福の科学信者のエッセイブログ

「未来を創造する力」を使う 



DSC_9754-1.jpg

D f ニッコール24mm f1.8G ED




私たちに与えられている「未来を創造する力」を使っていくにあたって大切なことがあります。

それはどんな志を持っているかです。


悪しき志は悪しき創造を、良き志は良き世界を創造します。

だから人は善悪を知る必要があり、善悪を見分ける力を得る必要があります。

それでこそ「幸福の創造」は成せるのです。


ここで書く善悪とは時代時代によって作用されるこの世的なる善悪ではなくてこの世界を創られた神様から見た

善悪です。

神様から見た善悪を知るためには神様に心を向けなければなりません、それが信仰ということです。

信仰とは何らおかしなことでなく、また信じたとしても恥じることではありません。


この人間の世界を善に満たされた世界、幸福な世界にするためにすべての人が・・・

そう、富める人も貧しき人も誰もができる神様から与えられた最大の与える愛の行為そのものなのです。


今ここに、信仰ある人や信仰なき人がいて、お互いに「私たちにはもう与えるものはありません!」

どうか私たちにもっともっと愛をくださいというかもしれませんが私たちには信仰行為というものが与えられいます。

信仰心という心が与えきりで与え続けられています。


そうなんです、信仰とは最大の与える愛です。

最初で最後、アルファでありオメガであるものなのです。

ここにおいて「私たちにはもう何も与えるものがない」という言い訳は成り立たないのです。


信仰こそが個人を越え、国家を超え、民族を超え、地球をも越え、全宇宙をも幸福にする

最大の与える愛、神様の愛にお答えできるものなのです。

神様は私たち一人ひとりの幸福を、世界中の人たちの幸福を願っています。

その願いを実現していくことこそがこの地上で生きている私たちがなさんすることなのです。

信仰の名のもとに誰もが世界を幸福にする聖なる事業に参画できるのです。

貧者も富者もです。


信仰とは神様が私たち人間に埋め込んだ”本能”なのです。

だから、鮭が産まれた川に帰るように私たち人間も始原の神のもとに帰ることができるのです。


その御名はアルファであり、主エル・カンターレとおわす始原の神、根本神であり、今、この地上で幸福の科学を

創りたる大川隆法総裁先生その人なのです。

これが真実の信仰なのです。  


最後までお読みいただきありがとうございます。   感謝





bokunokanojohamahotsukai_20181115_01_fixw_640_hq.jpg




千眼美子が主演「僕の彼女は魔法使い」
2月22日公開


公式サイト
https://bokukano-maho.jp/





 画像クリックで幸福の科学出版の公式サイトに飛びます。

11231442_5bf79358e3f85.jpg
 




イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。

『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。



コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/3354-70ad884b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)