FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

幸福の科学信者のエッセイブログ

黒帯と白帯 



DSC_1927-1.jpg



D f ニッコール50mm f1.4 


正心館横の水路、水面に光が反射していて心を動かされました。

流れる水面の様子と光の反射、そして大きな明暗さ、光の反射にピントを持ってくるか、

それとも玉ボケにして表現するか、撮る位置を横にずらして橋を入れ、奥に続く水路も写す。



DSC_1925-1.jpg

D f ニッコール50mm f1.4 




絵の構成も直線とゆるい曲線のコンクリートと奥に橋が架かっている。

水面の反射光をもちいるか、それとも水路側壁の影の部分をもちいるかで印象は変わってくる。

僕は最初は反射光を取り入れていたのですが日の光も移動していて影の部分がいい感じになってきたので

構図をもう少しシンプルにして影の占める面積を多くして柔らかい感じになるようにした。


モノクロはシンプルなだけあって光と影の使い方で絵が硬くも柔らかくもなります。

撮影者の心、信条がもろに反映した心情作品ではありますが主役は観る側に移ります。

撮影者がどう感じたかよりはその作品をどう見るかという鑑賞者の心にゆだねられます。

ごまかし、嘘がつけないということでしょうか。


そういうことで信仰を持っている人と(僕は幸福の科学信者ですがあくまでも信仰者、

何らかの信仰を持っている人という意味です)持ってない人とでは同じ技量であるならば

作品からにじみ出してくる世界観は大きな違いがあります。


心にも段位があるそうです。

モノクロ表現は初心者と有段者、黒帯と白帯の違いがシンプルな形で出てきます。

もうありのままの自分が出ていますので、嘘はききません。

バレバレなんですね、ある意味で怖いです。。




 画像クリックで幸福の科学出版の公式サイトに飛びます。

11231442_5bf79358e3f85.jpg






千眼美子が主演「僕の彼女は魔法使い」
2月22日公開決定


公式サイト
https://bokukano-maho.jp/



bokunokanojohamahotsukai_20181115_01_fixw_640_hq.jpg
 




イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。

『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。






コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/3313-12ace66b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)