FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

幸福の科学信者のエッセイブログ

未来種 



DSC_9501-1.jpg



 


人生の成功はこの世限りであってはいけない。

それは死後の世界が待っているからです。

というか・・・   

(続く・・・は少し長文になっています。駄文ですがよろしかったらお付き合い願います。)



私たちはこの肉体がすべて、この世がすべて、あの世はないとこの数十年で教え込まれてきました。

それが現代における常識であり、その常識を崩す教えは”洗脳”であってとんでもないことだと思い込んでいます。

この”思い込み”というのが曲者で宗教も”思い込み”であり洗脳であって我を失っている・・という人もいます。


宗教では”無我”を説いています。

無我とは何ぞや・・我がないとは・・・ここに「死んだら何もない、よってあの世はない」と進みがちですが

無我とは肉体我、この物質世界に生きていくうちに確立していく”自我”を越えよということだと私は理解しています。

それは”愛の教え”になると思います。


”愛”とはお互いを結び付け合うもの、育みあうもの、はるか無限の時間、創造主が念いによって人類を創造したとき

に創造主は「我の如きなれ」という念いを込めて命を吹き込んでくださいました。

これが愛の起源ではないでしょうか。


ゆえにこの世界には愛の法則が流れ働いています。

この愛の法則に生きることが幸福の原点にあります。


だからこそ肉体我に基づく”自分が” ”自分我”を離れ神の子、仏の子としての自己に立ち返り、

愛の法則の中で「我の如きなれ」に生きることができているときに創造主の念いと一体となり、

”幸福”を感じるのです。


真の宗教は未来を開く”未来種”そのものです。

信仰はその神の大樹に数多くつけられている未来種をうけとり、わが心の畑に蒔き、育て、繁栄させていく大切な

人としてのあるべき行為です。


本日、幕張メッセにて根本仏主エル・カンターレ大川隆法総裁先生の『奇跡を起こす力』を賜ります。

主への信仰心こそが未来を拓く力、未来種であって、100%の信仰に至ってこそ『奇跡を起こす力』として

臨んでくるのではないかと思っています。


そうした意味で”青銅の扉”がある信仰空間こそが100%の信仰空間であり、時空間を越えて『奇跡を起こす力』が

働くところだと感じています。


青銅の扉の中で主は確かに手を広げられて待っておられます。

魂の親、多次元宇宙の根本仏の光に直接触れることが許された奇跡の瞬間、それが主がこの地上におわす有限の時間

として与えられています。


『奇跡を起こす力』とは主がこの地上におわす間にすべての人々に主への信仰に目覚めさせる愛の力、

伝道こそが最大の『奇跡を起こす力』だと思っています。


本日、主の御法話を賜る前に自分としての心の整理をしてみました。

長文、お付き合いいただきありがとうございました。

心得違い、勘違いも多々ありますが現状の心を差し出させていただきました。



本日の御講演がこの地球という星に”青銅の扉”が打ち立てられ、この数十年の間、開かれているということを

全宇宙の人々に知らしめる奇跡の瞬間でもあるのではないでしょうか。。    感謝




 画像クリックで幸福の科学出版の公式サイトに飛びます。

11231442_5bf79358e3f85.jpg






千眼美子が主演「僕の彼女は魔法使い」
来年の2月22日公開決定


公式サイト
https://bokukano-maho.jp/



bokunokanojohamahotsukai_20181115_01_fixw_640_hq.jpg
 









イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。

『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。





コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/3205-752191a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)