FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

幸福の科学信者のエッセイブログ

四苦八苦の世界から神の愛の世界へ 



DSCF4310-1.jpg

 


この世は四苦八苦の世界、

人生はその苦しみの大海を航海しているようなものと思っていませんか。

確かにこの世は本来の世界、あの世の天国というとこらから見れば苦しみ多き世界です。


人間にはこの世の世界と別に心の世界、思いの世界があります。

(続きは長いので関心のある方は進んでください。)



 画像クリックで幸福の科学出版の公式サイトに飛びます。

11231800_5a168e364c0f6.jpg



あの世だけでなく、この世に生きていても心の中には天国と地獄という世界が確かにあり、

天国は光あふれる世界、幸福感あふれる世界です。

反対に地獄という世界は自分が自分が、自分さえよければという生き方をした人、

他人との比較によって憎みや怒り、苦しみを覚えたり、信仰を否定する人たちの心が作っている世界です。


私たちが必ず向かう死後の世界はこの肉体がなくなり、心の世界だけが残ります。

この心の世界には一つの法則があります。それは波長同即という法則です。

同じ思い、同じ波長をもった人たちで一つの世界がつくられて、存在する世界です。

ですから、そこにおいてありえないとは思いますが、もし、迷いや悩みや争う思いが一瞬でも生じたら、

瞬時に同じ世界には存続できなくなり、自分の思い、波長に合った別の世界へに移動してしまいます。

これはこの世に生きているあいだにも通用している法則です。

違う言葉でいうと”類は類を呼ぶ”ということになると思います。



ところがこの世は玉石混交の世界、魂の修行の場として造られていますから、肉体に宿っている限り、

物質界の法則により(三次元波動、肉体我、)別な思い、異質なものの存在が許されています。


すべての存在にはその存在のもとになる魂、心という存在があります。

これがある意味で厄介(誤解に注意)なんですね。

心というものがなければ雲のように生まれては消え、その一生を終えるだけなのでしょうが、

ここに創造主の念いが働いているのですね。


人間には肉体の運転手としての心があるのでこの世で生活していく中で心と心のぶつかり合いがあります。

自分の回りは真逆のような人に見えても心の世界では同じタイプのひと、仲間?なんですね。

ここで自分の魂の傾向性のくぼみを知り、別の魂の傾向性の人たちとも同じ空間、同じ時間を共有することによって

魂の多様性を知り、学び、自分の魂を進化させていくということが図られているのですね。


だからこの地球は魂の学校としての掛けがえにない場所なんですね。

その魂の学校としてお互いを結ぶつけ合う力、 それが”愛”なんですね。


この世もこの世を越えた世界も創造された神様、仏の愛の力が働いています。

その働いている力のことを法則といったり真理といったり法といわれたしているのだと思います。


最初のタイトルの話に戻りますがこの心の法則を知らなかったり、忘れている・・・・、

そうです、肉体我、この肉体こそが人間の本質であり、死んだら何もかも終わりと思っている。

あの世なんてない、心なんてない、それは脳の想像だ、創造主の念い、そんなものはない、

愛、それは肉体我の喜・・・などと思って生活していること自体が本当の自分からしてみれば苦しみなんですね。


そう、すでに人間はこの世に肉体をもって生まれたとき、すでに苦しみを背負わされているのですね。

ただ誤解してはいけないのはキリスト教でいわれるところの”罪の子人間”の考え方ではないわけです。

罪の子人間とは本来の姿を忘れ肉体我、信仰を持たないで生きていく人間の姿をいっているのだと私は思うのです。

だからこそ、許しが大事なんです。


許しということの中には人を生かす育み導くということも含まれています。

苦しみ多き人生だから行為を憎んでも創られた存在としての人を愛しなければならないのですね。

全ての人はこの成長、進化し続ける世界のなかで一番大切なもの、教えられていないもの、

また、忘れられているもの、そう、お互いを結び付け合い、愛し合い、育みあう愛の力に目覚めることによって、

物質世界の中で進化、進歩だけに生きるのではなく、愛という力を学び、無限に広げていくことにより、

進歩と調和という創造主の世界観を創出することに幸福観を味わうことが出来るのだと思います。


この世は苦しみの世界だと知ることの大切さをお釈迦様は説かれました。

そして、その苦しみの世界にあって幸福なる生き方をする方法があるんだよ!

それが信仰なんだと教えてくださっているのが宗教の世界です。


信仰こそが自分自身も、自分の愛する人を、自分と縁あるすべての人を、この地球という愛の星に生きている人たちと一つ、

地球人としての意識に目覚めることができる最大の神の愛なんだと思っています。。



【公式サイト】
http://laws-of-universe.hspicturesstudio.jp/



 




イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。

『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/3095-64c7f5a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)