FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

幸福の科学信者のエッセイブログ

本物の情熱 





DSCF0520-1.jpg


 



若いころの山への情熱って、何だったんでしょうね!

ただただ、あの山に登りたい・・・その思いに駆られて無我夢中に”山登りがすべて!”の青春でした。

その山に登りたいがゆえにいろいろなトレーニングや山登りを重ねていました。



本物とは心を突き動かされてこそ認めることができます。

従順で敬謙になれます。

この狭い日本の中で終えることなく、世界を知ってこそ、世界最高の山があるんだということを知り得てこそが

情熱は枯れることがないのですね。


信仰の山を登り始めてはや四十年、この期間は準備期間、これからが本当の山登りの始まり、

今人生や過去幾転生で降り積もった宗教的常識という雪を溶かして真新しい雪をこの身にまとうことを望まれている。

そのためには心の世界で大きく、真新しい器づくりをしないといけないね・・・。

この世的な宗教活動の奥にあるエルカンターレ信仰が見えていないと本物の情熱は枯れていく。





自信を持つ ―大川隆法総裁 心の指針157―








 画像クリックで幸福の科学の公式サイトに飛びます。

11231800_5a168e364c0f6.jpg





イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。

『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。



コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/2887-99afabd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)