FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

幸福の科学信者のエッセイブログ

すてる”こころ”とは 



今回もちょっと長いですがインスピレーションをいただいて書いています。

よろしかったら、お付き合いください。




DSCF9255-1.jpg


 


すてる心とはマイナスの心、おもいです。

また、矛盾していますが向上心の中の

”自分が”、”自分は”です。


人生で一番大事なのは”永遠の今を生きる!”ということだと思っています。

私たち人間の魂には克己心、向上心というものがあります。

成長していこうという聖なる念いです。

これは私たちの魂が創造されたときに”この方向に進め”という創造主の念いが埋め込まれているからです。


この聖なる念いは”無我”ということがあって成長していくのです。

それは創造主が私たちを創造されたときの念いが”無我”であったからです。


人間は、この玉石混交の地上界に生まれるとお互いに切磋琢磨する中で、

お互いの違い、成長の違いを相手を通して心の中に刻んでいきます。

ここにおいて自我、自分と他人という見方が大きく出てきます。


これが行き過ぎると問題なんですね、

成功者と敗者なる区別という問題が出てきます。

じつはこの”成功者と敗者”なるものは他人からされることではなく、

自分と他者との比較、自分が自己判断しているということです。


なのに人は得てして他人からの評価と誤って見方をしているのが現実です。

違うのですね!

自分で自分を評価しているのですね・・・。


ですから、自分が自分がという思いが強くなりすぎると本来の魂の性格”無我心”とかけ離れてきます。

魂の成長、成功は創造のエネルギーが流れていてこそですから、創造主の創造の念いは”無我”にありますから

自分自身も無我にならなければ創造のエネルギーは心の中に満たされてきません。


人はどんな状況下に置かれても絶対に一人ということはありません。

たとえ、その人が”孤独だ”と思っていても自分一人ではこの世には(あの世においても)存在することはありません。

必ず、他者との関係性において自己が成り立っています。


ここにおいて、”自分”という思いを消しても自己は他者の心の世界に存在、認識されています。

もし、他者に認識されていないとすれば、それは”自我”を主張しているからだと思います。

”自我”は厄介なもので相手の潜在意識だけでなく、自分の潜在意識にも敬遠されます。

表面意識では認識されていますが潜在意識ではまったく受け付けてもらえていないということではないでしょうか。


ここに成功、成長、願望達成というものがかかわっています。

潜在意識が認識、願っていない、共時性を持っていないものは実現していかないからです。


だからこそ”すてる”ということが大事になってきます。

自分を捨てるということは第一を”世のため人のため”に置き換えることです。

これが成功の条件であり、自分自身が成長、成功、自己実現していく道でもあるということです・・。


きょうは、心の中に浮かんでいることをキーボードをたたきながらこの文章にしています。

何かの参考にしていただければありがたいし、何よりも自分自身の”成功波動”を自己点検するうえでも

ありがたいインスピレーションだと思っています。  感謝


今回の転生は

自己変革のための人生ではありません。

地球神の御心を実現するための人生であり、

そのための自己変革でもあると思っています。


主と共に! 

主エル・カンターレ万歳!!  


これにつきます。。


 画像クリックで幸福の科学の公式サイトに飛びます。

11231800_5a168e364c0f6.jpg





自信を持つ ―大川隆法総裁 心の指針157―









イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。

『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。



コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/2856-829551db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)