FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

幸福の科学信者のエッセイブログ

小石川植物園にて・・・コサギに学ぶ 


コサギさんの足の震え、池の底を掻いているのは

池の底に沈んだ落ち葉にかくれているザリガニを追い出しているのです。


いわゆる”追い出し漁”、

なんか選挙用語みたいですが足て落ち葉を掻き、ザリガニを追い出すのです。

そして落ち葉から逃げ出してきたところを一瞬で捕らえるのです。


しかも、この行為にはコサギさんの知恵があるんですね、

大きく掻きまわすと池の底の泥も立ってしまい、濁ってザリガニが見えません。

それで、”震えている”、振動を与えるように小さく掻いているんですね!



これで池の水が濁らないで済み、追い出されたザリガニが見えるわけです。

でも不思議に思うのはこの漁の仕方、どこで覚えるのでしょうか・・・

本当に不思議です。

きっと、コサギとして生きていけるように神様から与えられた知恵なんでしょうね。




DSCF7971-1.jpg

 


でも、もし、このコサギさんが人から食べ物を与えられていたら

この神様からいただいた漁の能力は発揮することもなく、なくなってしまうかもしれません。


人間の社会も同じで、福祉国家って聞こえはいいですが行き過ぎると

人間の本質、”人間は考える葦である”という智慧の獲得という本来の部分が失ってしまいます。

やはり、原理原則は「自助努力の精神」、奪う愛でなく、与える愛なんですね!

神様からすでに与えられているたくさんの知恵の発見、智慧の獲得、

ここに人間がこの世に生まれてきた”魂修行”の意味があるんですね。


ちなみの池のあちこちには「ザリガニ取り禁止」の立て札もありますが、

「働かざる者食うべからず」の動く看板の役をコサギさんがしてくれていました。。




『光明思想と慎重さ 』―大川隆法総裁 心の指針156








 画像クリックで幸福の科学の公式サイトに飛びます。

11231800_5a168e364c0f6.jpg





イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。

『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。



コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/2787-923350da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)