FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

幸福の科学信者のエッセイブログ

知ることと、理解すること 


知ることと理解することは同じではありません。


ここには見る(聞く)→思う→語る(行動する)のプロセスがあり、

その結果が自分や自分の回りの環境に現れています。


その結果を見る(聞く)→思う→語る(行動する)のプロセスで再考する。

この繰り返しのなかに”理解が”生まれ、深まっていくのです。



DSCF7825-1.jpg







DSCF7822-1.jpg



 


人はこの世界での出来事を理解していく中で

この世界を支えてくださっている力の存在を知ることになります。


信仰に目覚めると仏の子としての第二の人生が始まります。

こんどは正しさの中に仏の基準がはいります。

「正信」…正しい信仰の道に入り、「正見」「正思」「正語」・・・そう、八正道に出会う。

写真を撮るという行為の中にもこの「正見」「正思」「正語」・・・八正道に当たる部分があります。

この部分が深まれば深まるほど写真の芸術性は高まってきます。




『光明思想と慎重さ 』―大川隆法総裁 心の指針156








 画像クリックで幸福の科学の公式サイトに飛びます。

11231800_5a168e364c0f6.jpg





イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。

『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。



コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/2767-c35f1ad5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)