FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

幸福の科学信者のエッセイブログ

師走の出来事 


仕事でもそうですが環境が変化し、その負荷に耐え切れなくなってくると

人は安きに流れ、正しい判断ができなくなってきます。


十二月は流通関係、特に運輸関係にたずさわる方々は大変です。

人手も時間も足りません。そうした中で集荷を断られました。

いろいろな要因があってその人としては最善の判断をしたのかも知れませんが、

その結果多くの人が迷惑を受けることになりました。


なぜそのような判断をされたのでしょうか、

前にも書きましたが正しさの中に神様の基準が入っていないからです。


僕が幸福の科学の信者になる以前、信仰の道に入ったのは”信仰とは人間の正しく生きる道を教えてくれている”

と、心に入ったからです。

その信仰の道に入ってから、教えが曲がっていくということを知り、僕も先生が欲しいと思いにかられ、

本屋さんめぐりが始まりました。しかし、大川隆法先生の最初の御著者には目がいきませんでした。

そう自分の、興味関心でしか見られなかった、探せなかったからです。



DSCF7804-1.jpg








DSCF7821-1.jpg

 


でも、ありがたいことにそんな自分の心を仏は受け止め、心の琴線を鳴らしてくださいました。

そして、大川先生の本を手に取ることができ、書かれている教えの一字一字が素直に受け止めることができました。

これが幸福の科学との出会いでした。


何を言わんとしているかと言いますと、正しさの出発点において信仰なくばその判断は光に向かうのではなく、

闇へと向かっていってしまいます。

幸福の創造でなく、不幸への道です。


神の愛の中にこの世界、人間の社会もあります。

その、愛を忘れて、人間社会が、この世界が幸福という光に満たされることはないのです。


その愛の光で冒頭に書いた国民的事業者の一事業所の責任者の判断を修正させていただけることができました。

もちろん、こちら側も協力・・・?????


ここまで書いて時間切れで仕事に出向きました。

そこである方のアドバイス、「それじゃぁ、お客さんが困っちゃうね・・・。」

私、「やっぱし持ち込みしなければだめですか。」

「そうだよ!今月だけでしょ!」


ということで集荷できない分は持ち込みで対応をすることにしました。

といってもお金を使えないので汗をかくことにしました。


集荷場まで台車を押して二往復、はなはだ効率が悪いように見えますが

縁起で見ていくとお客様の商売繁昌の姿が見え、幸福感に包まれます。

ありがたいことです。。



『光明思想と慎重さ 』―大川隆法総裁 心の指針156








 画像クリックで幸福の科学の公式サイトに飛びます。

11231800_5a168e364c0f6.jpg





イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。

『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。



コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/2765-b92fee9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)