正しい供養 まちがった供養

Category信仰

人は死んだらこの肉体もなんもかもなくなって終わり・・・あの世はない!

そんなお坊さんがお盆の供養をするそうです。

これでは引導を渡せません。


死んだら何もかもなくなると思うか

それとも死は肉体生命の死であって心、魂は生き通しの生命と思うか、

幸不幸はこんなところから分かれていくのですね。




DSCF6531-1.jpg

 




実際、死んだら何もかもなくなるというのはあの世の存在を認めないことなので

死んだあと、帰る世界がありません。

ので、死んだ後も家族と共に暮らしていたり、お墓に住みついたりとこの世で不浄仏霊として

うろうろしている方が多くなってきているそうです。


大事なのは生きているときからあの世の知識、霊界知識を学んでおくことです。

とくに幸福の科学から出されている仏法真理の本『正しい供養 まちがった供養』は

お勧めです。


引導を渡すお坊さんも正しい霊界知識を持ってこそ、お盆の供養もできるというものです。

もし、先祖の霊が迷われていても残された子孫が正しい霊界知識を持ち、信仰心あるならば

あの世の元居た世界、天上界へ帰れるよう仏の光を手向けることができるようになります。

これを回向と言います。


引導を渡すとはそうした正しい霊界知識を持ったプロのお坊さんが迷える霊を諭し、成仏させることなんですね、

迷える霊に正しい選択をさせることなんですね。


此岸から彼岸への船に間違いなく乗せることなんですね。。


『正しい供養 まちがった供養』へページ移動

01271636_588af88b7e8db.jpg


◇ 言葉に泣く ―大川隆法総裁 心の指針152―











 画像クリックで幸福の科学の公式サイトに飛びます。

DSCF4306-2.jpg



イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。

『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。



0 Comments

Post a comment