プロフィール

かめぱぱ

Author:かめぱぱ
1950年生まれ。日暮里在住。

幸福の科学信者。1987年入信。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サイト内の写真の使用ならびに
無断転用を禁じます。
Copyright©Takashi
Kamemura

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
bnr_vic-22.jpg
幸福の科学 みんなの声

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かめぱぱの「日暮里発 吹かそう幸福実現の風ブログ」
←入り口
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヒマラヤのスケッチ
←入り口
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
QRコード
QR

天変地異と天意

2017/07/24 08:54:16 | 信仰 | コメント:0件


先日の降雹による被害はいろいろな場所に痕跡を残していました。

その中で一番は直接的な被害ですが、思わね箇所にもありました。

実はコンクリート壁や歩道上に雹が当たった痕がまさしくヒョウ柄として残っていることでした。

そのヒョウ柄模様の痕跡を見つけるたびにすごいことが起きていたと思わされるのでした。


私の兄の話によれば、当日、まさに雹が降り始めるその時に、



DSC_6425-1.jpg

 




文京区の白山あたりを走っていたそうですが、前方左手より急に黒い雲が竜のように

天から降りてきたそうです。

あまりのリアルさにびっくりしたそうです。


これこそ、古来から描かれている竜神そのものではなかったのでしょうか・・・。

のど元過ぎればなんとやらで今の日本人は天変地異ということを認めたがらないようです。

なぜかというとそこに天意という信仰の部分がはっきりと語られるからです。

いつからそんなに信仰を悪なるもの、恥ずかしいものと思うようになってのでしょうか、

そんな日本国民に天意、天の意思はあるのだとばかりに昨日も秋田で災害が起きています。


災害は悲しいものです。

多くの方々が苦しみを強いられます。

しかも、多くの信仰薄き現代の日本国民は天意というと同じ人間として冷たいといいます。

人の不幸をあざ笑うかのようだといいます。


しかし、これは本質をはずしています。

これは人間心の問題なのではありません。

神の眼、天の意の問題なのです。

地上の人間がどうあるべきかを教えてくださっているのです。


私たち地上の人間は皆、天意を受けてこの世界に生まれ人生修行をしています。

その地上の人間が天意を忘れ、天意などないとする考えのもとに生きたとき、

天変地異という形で私たちにシグナルを送ってきます。

それは、地上肉体生命の死よりも魂の死、霊的生命体としての永遠の命の死の方が

重たいからです。


永遠の生命の死とは私たち人間の魂の親、

私たち人間を創られた根本仏の創造の念いに反してしまうからです。

根本仏はわたくしたち人間を念いによって創造されました。

そこには永遠の時の流れの中で我の如きなれという魂の親としての大いなる愛が

溢れています。

その愛の精神の中で人間の魂は永遠の成長をしているのです。

これは人間だけでなく、この地上に存在するすべての生命体も然りです。



DSCF5769-2.jpg
 



天変地異とは神の愛です。

神の愛の警告そのものです。

これほどの天変地異が起き、続くということはそれだけ日本国民が天の意思からかけ離れた

国づくりをしているということです。


しかし、逆説的に見ればその間違いに気付いたとき、日本国民は大いなる魂の発展を

なし、この国をさらに発展し得るということであります。

魂の親、主エル・カンターレにあいまみえるという奇跡の時代を生き切ることができるのです。

そして、この奇跡が日本より世界へと拡がるのです。


争いにあいまみえる地球が一つとなり、宇宙の一員として宇宙のリーダーとしての新しい次元上昇が

丸ごと地球で起きてくるのです。

こんな素晴らしい時代に生かされ、生きているのが我々日本国民であり、全世界の人びとなのであります。

真実の信仰こそが人類の無限の未来を手にすることになるのです。


八月二日,東京ドームにて大川隆法先生の大講演会があります。


多くのマスメディアにも解放されているとお聞きしております。

ここにも宗教立国の担い手としての神のマスメディアとして存在できるかどうかの天意が現れている・・・

そんなふうに考えるんは私だけではないはずです。。


CR-smh-dome_second-2.jpg>
 


八月二日東京ドーム https://ryuho-okawa.org/info/2017/1556/




◇ 言葉に泣く ―大川隆法総裁 心の指針152―











 画像クリックで幸福の科学の公式サイトに飛びます。

DSCF4306-2.jpg



イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。

『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/2609-ffa9f545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)