Welcome to my blog

かめぱぱ

かめぱぱ


自分ではどうしようもないことが日々、自分や自分の回りで現れては消え、

また現れては消えと繰り返し起きています。

そんな時が、どうしようもできない自分に無力感を覚え、

自暴自棄、自虐史観が頭をもたげてくる時でもあります。


天国に帰天した父母の写真を見ていてふと思ったことがあります。

父母の人生は素晴らしい人生だったと・・・。

父母との一緒の時、六十数年間、いろいろなことがありました。

良いことも悪いことも、そしてそれが夫婦間で影響を与え合い、家族間でも大きな影響を与えてきました。

父を恨むこともできたし、母のちょこっと二枚舌的なことに失望することもできました。



僕は今から三十年前、幸福の科学の教えに出いました。

その時思ったのは「もし、この教えに出会っていなければ子供たちを

不幸感覚を植えこんで大人にしてしまうところだった。」ということです。


あれから三十年、幸福の科学信者として信仰生活を続け、

「人生っていうのは素晴らしい!善悪を越えたところに本当の素晴らしさが隠されていた!」

ということを心の奥底から思える自分が今います。


DSCF5182-1.jpg
 



何故そう思えるかって・・・

それは、私たちの魂、人間だけでなく、あらゆる生命の永遠の存在を次元を超えて

許され続けているという真実に気付かされた時、

すべてが根本仏、主エル・カンターレの慈悲なる念いの現れだと素直に思えたからです。


この地上は善人も、残念ながら悪人とレッテルを張られてしまった人も

新しい魂の経験を積まされているかけがえのない場所であり、

透明な慈悲なる仏の愛の風が途切ることなく吹き渡り続けている世界なんだ!

みんなみんなこの地上生活において「天使の片鱗」を見せよう、現わそうと生きているのが

この人生なのだ!

だからこそ、すべての人々を愛することができる!

信仰の名のもとに愛することができるようになってくるんだ・・・。


その愛ゆえにある人には涙を飲む決定、行動をしなければならない時もある。

上に立てば立つほど、より多くの愛のために悲しみをまとうときもある、

愛する愛、生かす愛、許す愛と階段を上ったものだけがリーダーとして人の上に立てるのだが。

その道は万人に用意されている、長い長い永遠の転生というときになかで

努力のもとに万人が可能なのである。


ゆえに人間は万物の上に立つことを許されている。

創造者、根本仏の一部として存在が許されているのがこの世界なのだ。

父母の赤心の人生はこの地上去ったいまも僕に人生の素晴らしさを教えてくれている。。




心の指針 151 人はなぜ愛するのか  You Tube 



 



人はなぜ愛するのか・・・をもっと知りたい方へのページ
https://ryuho-okawa.org/info/2017/1963/?utm_source=dlvr.it&utm_medium=facebook



DSC_5613-1.jpg

『君のまなざし』  



「君のまなざし」 映画.com http://eiga.com/movie/86070/


 画像クリックで幸福の科学の公式サイトに飛びます。

DSCF4306-2.jpg



イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。

『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。



最終更新日2017-07-02
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply