プロフィール

かめぱぱ

Author:かめぱぱ
1950年生まれ。日暮里在住。

幸福の科学信者。1987年入信。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サイト内の写真の使用ならびに
無断転用を禁じます。
Copyright©Takashi
Kamemura

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
bnr_vic-22.jpg
幸福の科学 みんなの声

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かめぱぱの「日暮里発 吹かそう幸福実現の風ブログ」
←入り口
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヒマラヤのスケッチ
←入り口
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
QRコード
QR

映画『君のまなざし』・・鬼の力、霊能力使いはハンドルのきかないのブレーキ故障、アクセルだけの欠陥車!?

2017/05/25 09:31:08 | 信仰 | コメント:0件


覚え書き その二


長~い怖いタイトル?ですね!

自分でつけてそう思います。


アクセルだけの車って考えてみてください・・・。

エネルギーがなくなる、もしくは破滅するまで止まりません。





DSC_5822-1.jpg


 




霊能力で、力で世を変える!?・・・が頭から離れません。

よく、肉体は乗り船で心がその船を操る船頭さんと書いていますが

その船頭さんである心にも実はハンドルがいるということです。


急流を川下る船頭さんを想像してみてください。

彼はやみくもに船を下流へ下流へと運んでいるでしょうか

途中には激流もあり、浅瀬もあり、

大きな岩が障害物となっているところもあります。


船頭さんはそういう難所を竿を上手に操り、船の舳先を右に左にと自由に操っていきます。

自分の心も同じなんですね!

人生という川の流れ・・人生行路もアクセルとブレーキだけでは目的地まで行けないで終わってしまいます。

やはり、自分の心を操縦する操縦法というものが必要になります。


そして、神様は万人にこの世界で魂修行をしていくために心の操縦法という虎の巻を

各自の人生に照らし合わせて用意してくださっています。

そしてそれは心の目を向ける、心の手を差し出せば手にと取ることができます。

そして手にしたら実際の行ってみることです。

これが四正道の実践ということ。


魂の糧を得るというところがあるからこそ

気持ちがついていかない部分があっていいのだと思います。

そのギャップの部分を学んでいるのだと思います。


鬼の力を手にしたものはそれが鬼の力で終わるか神の御手としての霊能力として使えるかは

心の操縦法を学んでいるかいないかでわかれてしまいます。


霊能者の大きな成功とはその霊力を鬼の力として終えるのでなく真理、法語を学ぶことで

天上界と同通し、神の御わざとし、世のため人のためにその力を発揮することであり、

けっして自己が神になり代わることではないのですね!


私の母も晩年は鬼の力に自分自身をかく乱されることが多かったです。

心がついていかないことが多々ありました。

自分ではだめだと思っても勝手にしゃべっている自分に帰天する直前まで悩まされていました。

僕に、その姿を通していろいろなことを命、魂をかけて教え込んでくれていました。


仏法真理、悟りの力こそが仏の子としての永遠の生命を永遠ならしめる唯一の方法である。

このことを僕は母の姿から学びました。


真理を学び続ける、神を信じる心を持ち続ける、そして神の愛を自分や他の人と協力して

この地上世界に実現していくこと、

それが信仰の世界なのです。


信仰とは人間が人間であり続けるための唯一無二の道です。

仏の子が仏の子として生きていくために神が用意されたものです。

この縁起を受け入れることこそ大きな成功を得たということではないのでしょうか。

その時に過去も、現在も、未来も光りに変わる、


人類の地球時代の歴史は終わりを告げ、

新しい宇宙時代の地球という歴史を紡ぎ出すことになるのではないでしょうか。


次回は『伝道の法』あなたの贈る言葉⑤「壁を破ったとき、すべてが光となる」と

映画『君のまなざし』について考えてみたいと思います。


まだ映画館通いは続きます。。





DSC_5613-1.jpg

『君のまなざし』 ただいま公開中! 



「君のまなざし」 映画.com http://eiga.com/movie/86070/


心の指針 150  熱意って何だろう  You Tube 





 画像クリックで幸福の科学の公式サイトに飛びます。

DSCF4306-2.jpg



イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。

『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/2538-ed1fdb59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)