新緑に思う

CategoryD300


素晴らしい芽吹き、新緑の季節になりましたね!

この時期になると思い出すことがひとつあります。


いまから四十年前、ヒマラヤ遠征に出かけていましたが

神々の世界は雪と岩と氷の世界、仲間がクレバスに落ちて事故死、

登山を中止して下山中の村にも緑が芽吹いていました。

このとき、人間には緑、(緑色)が必要だということを強く感じました。


植物は光合成をして酸素を出してくれますが緑という色そのものが

人の心を支えてくれていることに気がついたのでした。



DSC_5286-1.jpg


 宇都宮中央公園にて









心の指針 14 9  信念と忍耐  You Tube 










イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。


『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 





 

 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。



0 Comments

Post a comment