かめぱぱの心のファインダー

創造主の慈悲の愛の光溢れる世界を写真と言葉で書き綴った幸福の科学信者ブログ。

心の指針147『過去と未来の間を生きる』で清水富美加問題を読み解いてみた・・・その一 



幸福の科学の月刊誌には毎月、大川隆法先生の「心の指針」が巻頭に掲載されます。

いつも思うのですがこの「心の指針」は人生の旬、永遠の今的な感じがしています。

今がその学びのときなんですね。


そうした観点で今、清水富美加さんの問題によって芸能界の闇に光が照らされていますので

これをこの世の常識論いがいの眼で見つめてみました。


まず思い浮かんだのが父のことでした。

何度か書いたこともあるのですがいまから四十年前、父は今でいう海外の安い労働力で

日本に良い製品を持ってくるということにチャレンジしました。


父は日本でもトップクラスの職人さん、

当時のパキスタンへ単身渡り、シャルコットという町でで徒弟制度のある現地の子供たちに

一から技術を教え込み、短期間の間に高品質の製品を日本に送れるよう教育、技術指導していきました。


結果、日本には安くて良い製品が供給されるようになりました。

読者の皆さんがもし、日本の会社だとしたらどう思いますか・・・、

そうなんですね、日本の業界の死活問題です。

当時の日本の業界での常識から言ったら「亀村幸吉という人間はとんでもないことをしでかしてくれた奴」

なんですね。


当然、業界から総スカン、村八分にされ仕事を干されました。

父はもうこの業界では生きていけないことを悟り、新たに職を求め始めました。

先日、父の遺品を整理していたら当時の父の職探しの履歴書が出てきました。

職探しには大変苦労され、新しい仕事も一からで”いじめ”をうけながらも持ち前の職人魂で

耐え続けられていました。

話は長くなるのではしょりますがその後、モービル石油で認められ、営繕係という仕事で七十過ぎまで

大切に扱っていただき、会社が移転でやめるまで生涯現役人生を続けることができました。 

  次回に続く









2017年 心の指針147『過去と未来の間を生きる』   










02172149_58a6f1728963b.jpg








02162216_58a5a61b2ae18.jpg>

幸福の科学出版サイトより  







◇心の指針 14 7 You Tube 









 画像クリックで幸福の科学の公式サイトに飛びます。

DSCF4306-2.jpg






11111443_58255a72f1724.jpg




DSC_4023-1.jpg

 せいい みほ   






イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。


『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 





 

 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/2470-e1e5c86e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)