8 時10分前

Category手話

「8 時10分前」・・・なんだと思いますか、

実は昨日の手話講習会での学びです。

僕のような健聴者の人は「8 時10分前」というと7 時50分と理解するのが普通ですが

ろうあの方々はそのものずばり「8 時10分」と理解するそうです。

この時間、「8 時10分前」で待ち合わせると「8 時9分」までにくればいいと解釈するそうです。


ここでコミニケーションがただでさえとりにくい両者に誤解が生ずるそうです。

「ろうあの方は時間にルーズだ・・・」、

「ちゃんと時間を守ってきているのになんでそんなに不機嫌なの・・・」と。

ですから、



DSC_4796-31.jpg

 




ろうあの方には「8 時10分前」というあいまい??な伝え方でなく、ちゃんとした時間

「7 時50分」に待ち合わせと伝えた方がいいのだそうです。


これはなにも健聴者とろうあの方とのコミニケーションの問題だけではないなと思いました。

ぼくたちは社会生活をしていますから必ず相手がいます。

ここにおいて相手の考え方、価値観が見えていなかったら伝えたいことも伝えられません。

ですから相手を理解するという努力が必要になってきます。


だからぶつかり合いが生じるのですね!

ぶつかり合いは単純に見れば嫌なことと思えますが

実はお互いを理解するうえで避けて通れない部分なのだとわかります。


大事なのは自分を理解させようとする心ではなく、

相手を理解しようという思いが根底にあるということなんですね!

これを「愛」といいますがこの愛の思いがあってこそ、

ぶつかり合いの先に「理解」があるんですね!

対人関係で失敗し、苦手意識を持ってしまった人はたくさんおられると思いますが

今一度、その失敗体験の中に「自分を理解させようという思い」であったか、

それとも、「相手を理解しよう」という「愛の思い」があったかを振り返ってみるのもいいと思います。


「愛の思いが」あるのならばもっと自分に自信を持てるのではないでしょうか。

対人恐怖心は自分に自信が持てないから起きていることがあります。。




 画像クリックで幸福の科学の公式サイトに飛びます。

DSCF4306-2.jpg






11111443_58255a72f1724.jpg




DSC_4023-1.jpg

 せいい みほ   




◇心の指針 14 6 You Tube 







イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。


『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 





 

 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。



0 Comments

Post a comment