かめぱぱの心のファインダー

 目に見えない光の存在を写真と文で皆様の心にお届けする幸福の科学信者の写真ブログです。

神の正義を考える・・・個人編 


FBでちょっと気になりる書き込みを見た。

それで神の正義という視点(あくまでも私の理解度)で考えてみた。

もちろん、経典は『正義の法』である。


『正義の法』のなかに「あなたに贈る言葉」というところがあります。

そのうちのに”個人の正義の基準としての「六大煩悩の点検」”という教えがあります。


DSC_2252-22.jpg
   



この中で主は”相手に悪霊がついているかどうかは、「貪(とん)・瞋(じん)・癡(ち)・慢(まん)

・疑(ぎ)・悪見(あっけん)」から判断できます。”
と言われています。

そしてこの六つ中で”非常に突出した部分があって、二つか三つが引っ掛かったなら、

だいたい悪霊がついているとみて良いです。”
と書かれています。

”六大煩悩の観点には、個人的に見れば、「正義の基準」として使える部分もあるのです。”

と教えてくださっています。


いま、マスコミの情報操作が問題になっています。

マスコミこそ正義とばかりに社会の中で起きていることや個人に対して情報世界の中で抹殺、黙殺し、

現実の世界でも存在しないかのような世論操作を行っています。


このマスコミにおける正義論もあるのですが個人における正義論と集団、組織、全体における正義論を

ごっちゃにしてしまうと真実が見えてこなくなってしまいます。


何が言いたいのかというと確かにマスコミには正義が欠けている部分が多いが個人における正義論において

間違えてしまえばそれもマスコミの批判の餌食になってしまうということだ。

あとはお決まりの人格がなくなるまでの集中攻撃が始まる。


悪は押しとどめなければならないがそれと同時に善導、正義を推し進めなければならない!

ここでいう正義とは神の正義であり、本来のマスコミの使命の部分であります。

そのマスコミの餌食になったからといって、個人の悪を軽んじるのは程度問題であってもおかしな考え方だと思う。

もちろん、たとえ悪を成したとしても仏性を否定することができないのは知ってのとおりだ。


もう一つ、これが一番大事な部分なのですが神の正義というのが確立されていて

はじめてこの両者の問題は論じられ、善悪の判断がなされるのが理想だと思います。


まだまだ神の正義が樹立されていない世界においては正義論は見る人や立ち位置によっていくらでも変わります。

少なくても真理を学び、神の正義を学びつつ、神の正義の樹立を目指すわたくしたちであるならば

一人ひとりの仏性を守るといえども智慧をもって発言せねばと思うに至りました。


「人間の本質は善である」この一点が分かっていればマスコミは本来の姿の立ち返ることが

できると思います。

「人間の本質は善である」が根底にあってこそ悪を正すことは単なる悪をなくすだけでなく

善を推し進めることになります。

そのためにもこの国に神の正義の樹立、宗教立国を成し、個人としての人間の尊厳、基本的人権の尊重、

自由の大国をと願っています。


幸福実現党への公職選挙法違反での立ち入り捜査、と逮捕者の長期拘留、そして政党つぶしの圧力は

神の正義の観点から言ってもその国家権力の首謀者に正義はないのは明白だ。。



06102330_575acef76b3fc.jpg08261314_57bfc20f25c99.jpg



イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。


『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
◇心の指針 You Tube 




 

 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。




コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/2301-d1a78cb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)