かめぱぱの心のファインダー

 目に見えない光の存在を写真と文で皆様の心にお届けする幸福の科学信者の写真ブログです。

信仰心と為政者 


この神国日本においては神への信仰心を持っていることが為政者としての絶対条件である。

なぜならば為政者は国家、国民の絶対幸福をあらしめるという使命がある。

絶対幸福とは神仏のこころをいつにした幸福、神様の世界観をこの地上に体現するということ。




DSC_2234-20.jpg

 2016年8月20日 上野不忍池にて  




この神国日本は神の力によって護られているということ、

この神仏への感謝なくして日本の存続、繁栄はありえないということです。

いつの時代も神の声、お心に心を合わせ、忖度し、絶対幸福を具体的に政の中に落とし込むことのできる人が

為政者の条件であり、また政治に参画する人たちの条件である。


多くの国民が信仰なき自由の大国を満喫しているが、

真の自由の大国とは神の心を心として生きる時に味わうことのできる自由であり、国家である。


偽りの信仰心や、信仰を持たぬ為政者、この世的な権謀術数の政に走る者たちの国家は

不幸である。

なぜ不幸であると言い切れるか、

それは神なき国家となっているからである。


ひとびとに神の心、神仏の心を伝え、日本国民としての義務や行くべき方向性を指し示し、

この現実社会を絶対幸福の社会に造っていくのが為政者の仕事、


神の上に人は立てない!

この真理を忘れたとき、この国には様々な国家的危機や災難が降りかかってくる。


それは神々が罰を与えているというよりも為政者、国民が災難を、危機を不幸を呼び込んでいるということ、

不信仰によって神々の力を弱めている張本人であることを知らねばならないと思う。

一人ひとりの信仰心がこの国を救い、世界を救うのである。

日本国の為政者であるならばなおさらのこと、

地球的リーダー、指導者としての自覚を持たねばならないだろう。

その自覚とは何か!

この日本を神の正義の国、宗教立国とすることにほかならない。


一日も早く、この日本を宗教立国とすること、

これがいま世界が一番求めていることだと思います。。




11749-06_l.jpg



イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。


『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
◇心の指針 You Tube 




 

 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。




コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/2298-6be88c5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)