幸福の科学の先祖供養とは

Category信仰

幸福の科学での先祖供養って・・・?、

興味がある方はいらっしゃると思います。

そこで幸福の科学においての先祖供養の基本的な考え方について

大川隆法総裁先生がお説きくださっておりますのでちょっと紹介してみたいとおもいます。



DSC_2031-14.jpg
   




まず、先に死んだ肉親はどうなっているだろうか(死後の状況)ということで

大川先生は三つのパターンに分けられています。

一つは、天国に帰っている方。

二つ目は地獄にいっている方。

三つ目が天国にも地獄にも行かず、地上に執着をもって徘徊している方、

家の中とか、仏壇とか、お墓、物、土地、家などに執着していわゆる地縛霊になっているからだそうです。

ですのでこの三つの種類によって先祖供養の方法も違ってくるということ教えてくださっています。

ここでお分かりになると思いますが結局、供養する側がこの三つについて理解していないと、本当の意味で

供養、回向は伝わらない、ということなんですね。

人間の本質はすべて思いですから、この思いの方向性や質が全然違っていたら

お互いの思いがかみ合わない、通じ合わない、お互いに一方通行になってしまい、供養、回向にならないわけです。

この部分がお坊さんによっては引導を渡す法力がないと前回の記事で書いた部分に当たります。


で、大事なことはこの世に生きているときにこの三つのパターンについて私たちが

教えとして理解していることなんですね!

まず、死後の世界は三つのパターンに分かれる。

そして、生きていた時にどういう思いを抱いていた人がこの教えのどこの世界へ行くのかを知っているということです。


人間は天国からこの世に生まれてきます。

地獄からはこの世には生まれないことになっています。

ですから本来の供養は天国に帰られた方に感謝の思いを回向するというのが本当だと思います。

ですが、今この地上世界は宗教を否定し、信仰を持たない人や、間違った信仰を持つ人が増えてしまいました。

その結果、本来天国に帰れるはずが二つ目の地獄や三つ目のこの世に執着をもって地縛霊(不浄仏霊)として

この世にとどまってしまっているのです。

それで現在ではこの三つにそれぞれ対応した供養の仕方をしないといけないわけです。

ここまではおわかりになりましたでしょうか。


そこで問題が生じます。

亡くなられた肉親がどの世界に行ったかは大川先生の教(おしえ)で想像できるのですが

先に書いたように、私たちはこの世も、あの世も思いの世界の中に存在しているというのが真実ですから、

この部分をどうやって解決するかということです。

いくらこちらが真実の世界観を知ったとしても相手に通じなければどうしようもありません。

ここに他力の力、あの世の菩薩、如来といわれる高級霊の救済の光をお借りするわけです。

これが供養の心です。



DSCF2089-14.jpg
   




ですから、亡くなられた方々に対する思いだけでなく救済の光を投げかけてくださる

菩薩や、如来の指導してくださる方々に対する思いも大切なんですね!

これが信仰心という部分なのです。

この私たちの信仰心があの世に帰った諸霊への救いになるわけです。

またわたくしたちが神仏の心にかなった生き方をすることによって

この世での正しい生き方をお手本としてお見せすることで亡くなられた肉親も

勉強することになり、気付きや反省することができるようになります。

これが回向、亡くなられた方々に愛の光を手向けるということなんですね。


基本は、この世に生きている私たちが正しい信仰を持って生き、

まちがいなく、死後、天国に帰る・・・・・これが基本です。


本来の先祖供養は天国に帰られた肉親に感謝の念を届け、

残された私たちも正しい信仰を持ち、世のため、人のために生きていくことを誓います・・・

という場、それが供養の場なんです。


こういうことを教えとして説かれておられる御存在が大川隆法総裁先生、

主エル・カンターレという御名の地球神なのです。

わたくしたちの魂の親、エル・カンターレなのです。

これを信じることが幸福の科学の信仰なのです。


信仰とはとても崇高なものであり、人間心を離れた宇宙創造、進化発展の創造神の思いと一体となる行為であり、

けっして破壊神と一体となる行為ではないのです。。





book_01_0062.jpg



イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。


『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
◇心の指針 You Tube 




 

 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。




0 Comments

Post a comment