かめぱぱの心のファインダー

 目に見えない光の存在を写真と文で皆様の心にお届けする幸福の科学信者の写真ブログです。

『若冲展』と仏国土ユートピア建設への思い 




DSCF9904-504.jpg
       

 

『若冲展』を観終わって今思うことがあります。


若冲画師はこの作品群によって感性を通して時空を超えて

現代人とのこころの交流をはじめています。

それは、私たちの精神性(仏性)にまで働きかけてきます。


この”未来人”との交流という視点があったからこそ、

若冲は表現者のワールド、思いの世界、思想性の大切さに気付いていた。


当時の時代背景をあらためて見るにつけ、、

若冲は画師が生きた時代、幕府の政治の腐敗や堕落、

正義が失われ、人心が乱れてきたことを感じ取っていたと思います。

そのことは天明の大飢饉や火山の噴火、若冲七十三歳のときに天明の大火が

起きたことからも推測されます。

(昔より天災や大きな火災などは世が乱れ、人心の心が乱れたときにおこるとされている。)


だからこそ、若冲は世の流れに迎合することなく、

その画業において未来へ”かくあるべし”をメッセージとして残す思いに駆られたのではないでしょうか。



では、若冲の”かくあるべし”という世界はどんな世界だったんでしょうか。

それこそが信仰の世界、

当時の仏教の教えを超えた”仏の世界観”を持っていたと思われます。



すべては仏の思いの中に存在しているということです。

この世も仏の慈悲なる愛の世界、

人間も動物も、植物も山川草木一切が仏の愛、命で創られている。

それを信じ、

仏の愛にお答えして生きていこう!

この人間の営みを仏の愛あふれる世界としていこう、

この世界を繁栄に満ちた世界にしていこう・・・。



そう願い、

仏に心を合わしたとき、

無限の叡智、無限の豊かさ、無限の創造エネルギーが

この地上にあふれでてくる・・・・。


若冲の画はそんな思念、エネルギーにあふれていました。
仏国土ユートピア建設への思いにあふれていました。。




イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。


『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
◇心の指針 You Tube  自分を活かす道 ―大川隆法総裁 心の指針132―
 
 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/2221-35b2e691
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)