かめぱぱの心のファインダー

 目に見えない光の存在を写真と文で皆様の心にお届けする幸福の科学信者の写真ブログです。

創造力に思う 


またまた大好きな相原正明氏のブログからの言葉です。

「写真はあくまで現場の光と影と時と遊ぶ趣味でありアートだと僕は思う。」


そう思いますし、とても大切なことだと思います。

ありがたいことに、いつも勉強になります。


僕は氏の名言をヒントにプラスアルファを考えてみました。

それはあの世という視点です。

あの世というのは心の世界、魂の世界です。

精神性の世界です。

この世に生きる人がいくら信じまいが厳然とある世界です。


人は死んだら必ずこの世を去ってあの世という世界に還ります。

還るという言葉を使ったのは人間は本来、あの世と言われる世界に住んでいるからです。

そしてこの世には魂の進化のために生まれてきます。

ここで、いろいろな個性や、考え方のなかでお互いに魂をこすりあい、磨きあうのです。




DSCF9921-504.jpg
 
5月4日 上野公園にて  若冲展が開催されているので心がハイになっていました。      

 


ですから、遊びであっても、趣味であっても、アートであってもそこに精神性というのは現実の問題

(あの世は精神性によって住む世界が分かれている・・・次元構造になっている。)として、

時間空間の中で常にくっついてきています。


神様は人間にも創造性という神様と同じ力をくださいました。

何でも作れる自由な力です。


しかし、その自由なる創造性に”責任”というものも神様はお付けなされました。

その責任とは神の心にかなうという条件付けです。


だから、光と影と時と遊ぶ・・・趣味であって、もアートであってもこの法則、

神様との約束事はついてまわります。


創造性がなかったら、人はこの世に生まれる必要はないと思います。

何かを思い、何かを成し、何かを残す・・・これが人生です。

そして、この世を去ったときに神様の審判が下ります。

・・・というか自分で自分を審判していることになると思います。


生きていた時に自分で決めた世界に赴くということです。

このことを自己責任といいます。

自己責任で片づけるなんて冷たい!非道、人間味がないと言いますが

これがこの世とあの世にわたっている神様の決め事、法則であり、現実なのです。


しかもあの世は思いの世界ですから

あの世はないと思っている人の魂はあの世の世界には還れません。

それが昔からよく言われる、お化け、迷っている人、不成仏霊です。


彼らはあの世を信じていなかったので行く所がありません。

死後の世界がないということは自分の死を認めません。

それで、生きていた場所や家族や近しい人、自分と同じ波長を持っている人のところに

住みつくのです。

ここに憑依という現象が起きるのです。



これは大変なことです。

ですから、僕は遊びでも、趣味でも、アートでも写真を撮るということは

精神性というものがセットになっている!ということを言い続けているのです。


現代は芸術、アートの民主主義化ですべての人が参加できるようになりました。

これは素晴らしいことです。

昔だったら、一部の人の手にゆだねられていたことが庶民の手にも入ったのです。

これはある意味で文化文明の広がりに大いに役立ちます。

しかしながら、これだけではだめなんですね!

これと同じように高み、精神性がないとダメなんでですね!


あの富士山が理想の姿なんですね!

この世の私たちははこの神様の理想のもとに生かされているというところが真実だと思います。


で、この記事を書いた翌日(5日)、「若冲展」を観てきました。

改めて思うこと、相原氏は素晴らしいな!・・・を書き足して終わりとします。。




イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。


『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
◇心の指針 You Tube  自分を活かす道 ―大川隆法総裁 心の指針132―
 
 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/2215-ee801a6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)