変える

Category政治

フェイスブックからの学びです。

「言い方を変えると世界は違って見える」・・・

とても大事な一文ですね!

目から鱗ですよね。。。

僕はこれに見方、考え方、思いをプラスして

この記事を書いてみようと思っています。



DSCF9727-501.jpg
       

 


分かっていましたがv映像って力がありますね!

ということはわたくしたちの一言一言、その立ち振る舞いを

映像として常に自己確認することが大事ですね。


誰かが見ていて避けて通ることもあれば、集まってくることもあります。

これって何か・・・ありましたよね!

そう、引き寄せですね!

ここ(フェイスブック)で今日、改めて学べるとは・・・・・。


それと”美”でしょうか、美しいものには無条件で人は集まってきます。

”美しさ”ということをもっと積極的に身に着けていく・・・これも与える愛です。

美は感性に訴えますから肉体人間としての三次元的な美、そして、魂修行する霊的人間としての心、

考え方の美…なるものも大切になると思います。


よく、チラシを配布していてもほとんどの方が避けたり、手をしまって通り過ぎていきます。

思うのですが今自分の立っているところがディズニーランドのようなテーマパークとして、

自分が演じるスタッフとして見たときにこの反応をどう考えるかです。

ここに考え、工夫、変革の余地があります・・・・いかがでしょうか。


まして、幸福実現を標榜しているのですから幸福実現の”美”、美しさが漂っている、

感じられるものでなければ人は集まって来ません。

勘違いすると困るのですがご自分の信念を持っておられる方や、価値観をお持ちの方々は

また違った面があります。


しかし、今年から、今年の参院選から18歳になった選挙権、そのほとんどが右も左もわからない

(どこに入れたら良いかわからない)浮動票ではないでしょうか。


選挙において勝利するには投票率も大きなポイントを占めます。

組織票で二パーセントと言っていても投票率が上がるとこの浮動票によって当落が左右されてしまいます。

いかにこの浮動票を取り込むかということにも力を入れていかねば大きな選挙、国政選挙では勝てません!


ここに若者感覚が重要となってきます。

では若者のリーダーにとって大事なものは何か、ここに現代の美的感覚なるものが入ってきます。

この”美的”なるものを十分に発揮していくためには”自由”が重要です。

こうでなければならない、実現党はこういうものだ・・・という今までのスタイルをぶち壊していかないと

自由は発揮されません。

自由だからこそ、その”美的”は若者たちに共感を得てもらえることができると思っています。


幸福の科学大学シリーズから『ハリウッドから学ぶ世界No1の遺伝子』中田昭利著という本が出ました。

その中で著者は大川総裁先生のお言葉を引用されています。

「政党の人には、時間を作って、演技練習や発声練習、歌の練習など、
人に見られる職業としての練習もしていただきたいと思っています」
・・・・(国を守る宗教の力)



・・・このことを考えると今、美の法門が説かれていますが本当に真剣に学び、

習熟していかねばということに気がつきます。


そして、この美の法門は政党を応援、支援する我々にも大切なんですね。

支部精舎の前には政党ポスターや旗が立ち並んでいますが正直言って美しくないなぁ・・

と思うこともあります。

しかし、この部分は感性の問題ですから受け止められない場合はこちらがさげるしかありません。


誤解を生むと困るのですが支部精舎がディズニーランドのお城?としたらお城としての美しさはあると

思うのです。

そのなかも、お城で働く人たちも美しい、夢を感じさせるスタッフでなければなりません・・・

そう思えるのです。


先日の東正での春の美の祭典での竹内さんのお話し、活字になって出てきたらどんなに素晴らしい

教材になるか…そんなことを思っている自分が今ここにいます。

いかにより多くの票を呼び込むか・・・引き寄せを真剣に考えれば考えるほど基礎固めとともに

美の法門への関心が頭から離れるどころかその思いが勢いよく駆け回ってきます。


『仏に愛されるための祈り』祈願で絶対幸福ということを教えていただきました。

この絶対幸福なるものは”美”に置き換えられるのではと思っています。

「 優しい人間になります

  悩まない人間になります

 心の美しい人間になります

  正しく美しい言葉を使います 」

この四つを日々の生活の中で、日々の活動の中に落とし込む・・・

そんな毎日が続いています。。


今日は一時から五月研修に参加です。



イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。


『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
◇心の指針 You Tube  自分を活かす道 ―大川隆法総裁 心の指針132―
 
 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。

0 Comments

Post a comment