プロフィール

かめぱぱ

Author:かめぱぱ
1950年生まれ。日暮里在住。

幸福の科学信者。1987年入信。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サイト内の写真の使用ならびに
無断転用を禁じます。
Copyright©Takashi
Kamemura

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
bnr_vic-22.jpg
幸福の科学 みんなの声

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かめぱぱの「日暮里発 吹かそう幸福実現の風ブログ」
←入り口
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヒマラヤのスケッチ
←入り口
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
QRコード
QR

写真は引き算

2016/04/30 11:17:21 | 芸術 | コメント:0件


世界の美術館が収蔵したり、世界的な巡回写真展、あるいは名作と呼ばれる写真は、意外とモノクロが多い。
それは色がある現実から、余分なものすべてをそぎ落とし、光と影だけで表現するモノクロームのほうが、心に
残るからかもしれない。写真は引き算とも呼ばれる。余分なものをそぎ落とし、最後色さえもそぎ落としたとき
、心の中に一瞬光輝いたシーンをプリントにして残せるのかもしれない。

・・・写真家・相原正明のつれづれフォトブログhttp://aiharap.exblog.jp/25165238/より転載。

氏の実践レベルでの語りですから実績でこれを超えない限り、僕のブログに力というものは出てこないと
改めて思いいたりました。

それでも、初めに思いありき、思いの世界で出来上がったものが
この三次元現象世界に遅れて実現してきます。

…この真理を信じて努力するだけです。




DSC_0277-430.jpg

 2016年2月27日  伊豆・堂ヶ島にて  

 


確かに、現段階では過去から現代までは写真は引き算の答えは出されていると思います。
しかし、発展、無限の向上を目指す我らであればこれがすべてということはありません。

これはすべての創造者、クリエイターの方々が常に思っていることでもあると思います。

先ほど、思う、思いの世界について真理の言葉を揚げさせていただきましたが、
この思いということには大切な部分があります。

それは、思い、思想、考え方にはそれの核になる部分があるということです。
ハッキリ書くと、その核の部分は霊的覚醒です。思いの世界でどの次元につながっているかということです。
霊界認識です。神さまの世界の認識です。

神様は霊界をも含んだこの大宇宙を創造されました。
それは幸福の科学総裁・大川隆法先生、主エル・カンターレの教えとして開示されている
「宇宙構造論」です。

この宇宙、霊的宇宙世界は玉ねぎ型の構造になっており、私たち肉体人間が住んでいる物質世界、
この世の世界を三次元とし、死後の世界、あの世の世界に四次元、五次元、六次元、七次元、八次元、
九次元・・・と仏の意識そのものへとつながる次元構造、次元空間となっているそうです。

これは信仰の世界なので、ここでは深く書けませんが、要するに写真は引き算の引き算の部分にも
この次元構造が働いているということが言いたいのです。

写真は引き算は上記の相原氏の認識力まで進歩してきました。
しかし進歩、進化は無限の階梯の中にあることは間違いありません。
現代に生きるものが先人たちが切り開いてきた思想の上を構築しなければなりません。
これはすべての生ける人のいえることであり、芸術家も、写真家も然りです。

最高の芸術は神の光、神の世界の美しさ、神の愛、神、創造神の御心をおもんばかり、
表現者としての使命を果たすということではないかと考えています。

写真は引き算の引き算はモノクローム表現を越えなければいけないということです。

なぜ、この世界は七色の光、無限の色彩、色の光でできている、表現されているかということです。
無数の、無限の色彩の奥にある神の光、これを表現できるようになることが
写真は引き算の答えを出すことになると思っています。

六次元の人は七次元の光を、七次元に人は八次元の光をその作品の中に込める、
・・・この込めるという行為が、実は色の奥にある光を表現するということでなないでしょうか・・・・
そう思っています。

そのためにはこの肉体人間、三次元物質世界、この世に生きてこの世を超えて生きねばなりません。
ではどうするか・・・・

それは主エル・カンターレの説かれる仏法真理を学び、この世的執着心を取っていく、
これこそが”引き算”、であり、写真は引き算の目指すところではないでしょうか。

心の世界、神様の世界を知らなくては
”写真は引き算”であっても作品としては永遠性という意味で
未来の人たちからは受け入れられないと思っています。。




イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。


『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
◇心の指針 You Tube  自分を活かす道 ―大川隆法総裁 心の指針132―
 
 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/2211-4ec1c7a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)