内なる美の発見

CategoryD300


昨日の東京正心館での「春の美の祭典」行ってきました。

また「美のオーラを宿す祈り」祈願も受けさせていただきました。

講師のお話は「神の美を求めて」ということについてのお話でした。

内容は自身がまだお話の内容を昇華できていないので書けませんが

一つだけ、美の法門から見た僕にとっての新しい発見がありました。

それは「自らの中にある美の概念を見つける」ということでした。

自分の中にある美しいと思われる個性の輝きは何なのか、その自分を

見つけりことの大切さを教わりました。

そしてその美の概念からはじかれるものが執着だと・・・・。

根源なる美を発見できればあとは早い・・・・と



DSCF9798-17.jpg
    

 

およそ私たちはこの世で人間関係学の中で生きています。

そのなかでいろいろな問題が起きてきますがその原因を美の法門、

この美の概念という窓で自分も、他人も、自分の愛する人を見つめたとき、

どうでしょうか、自分の仏性を、愛する人の仏性をちゃんと彫り出しているでしょうか

本当はいらないところを彫り出して捨て、仏性を彫りださなければいけないのに

美の概念を見つめる審美眼ができてなく、執着で汚れた目で見ているので

いらないところ(執着心)だけでなく仏性をもノミで削ってしまっているのではないでしょうか。


この苦痛感、苦しみがドロップアウトになる・・・ということは考えられないでしょうか。

僕は自分自身に対しても他の人に対しても仏性を傷つけていたと思います。

それは自分自身の美の概念、仏性を磨きだしていなかった、やろうとしていなかった。

だから知らず知らず他の人も平気で傷つけていたということです。

知らず知らずというよりも目を向けなかった、避けていた部分かも知れません。

芸術以外、「美の法門」なんていらない!・・・と思っていたかもしれません。

「美の法門」恐るべしです。

お話を聞けて、また祈願を受けることができてよかったです。

主に感謝です!  ありがとうございました。。



イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。


『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
◇心の指針 You Tube  自分を活かす道 ―大川隆法総裁 心の指針132―
 
 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。

0 Comments

Post a comment