かめぱぱの心のファインダー

 目に見えない光の存在を写真と文で皆様の心にお届けする幸福の科学信者の写真ブログです。

シャッター音 



今日はある友人から記事タイトルをインスピレーションとしていただきました。

「シャッター音」で何か書いてごらん!・・・と、

まず、シャター音がするということは記録した、行為、実行、実践した…その他にもいろいろあると思いますが、

自分の心を記録した、本心、本音の部分を解放したということではないでしょうか。

この世というものはなかなか本音だけでは付き合いにくい世界でもあると思います。

というかいろいろな思いが集まっている世界、イモ洗いゴロゴロの世界なのですね!

それが魂修行になっているのですが・・・・・。


天上界は同じ波動、思い、考え方の人たちで暮らしているのですごく調和された世界なんですね。

そういう意味では魂の成長、進歩という意味ではすごく時間の流れがゆったりとしている、止まっているかのようです。

しかし、この世は違います。時間の流れはものすごく速い、激しいものかもしれません。

写真を撮る、カメラのシャッターを切るということは自分の心と同じ波動と一体となる・・・ということだと思います。

これはある意味、天上界にいたときの世界観をミニ体験しているのかもしれませんね!

だから、癒される、心が落ち着くのではないでしょうか。



DSCF9844-17.jpg

 Fuji FinePixS1 

 


ここで新しい発見をしました。インスピレーションかも知れません。

それは写真の勧めというか、なぜこれほどまでに人々はスマホで写真を撮るのでしょうか、

まるで一億総カッシャんですものね。

でもこれには魂の記憶、天上界での記憶がそうさせているのかも知れません。

であるならば、しっかりと仏法真理を学び、天国とも導通したらどうなるかということです。

それは五次元住人の人は五次元波動のものを写真に撮るし、六次元に住んでいた人は六次元波動のものを撮る、

七次元菩薩界の人は七次元は同のものにシャッターを切るのではないでしょうか。

よって撮られた写真、作品によってその人がどの次元の住人んだったかが分かってしまいます。

悟りの世界も同じです、撮るものでその人の悟りの段階、今死んだとしてどこの次元の住人になるかが

分かってしまいます。

写真は正直ですね・・・。 

 怖いですね!

自分の心から発せられた思い、言葉というものはこの多次元宇宙のどこかに漂っていると言われていますが

写真を撮るという行為もシャッターを切った時の思いが心のファインダーを通して多次元宇宙に流れている、

漂っているということでしょうか。。

(今日はこのへんまでですかね・・・あんまり送ると理解不能になるでしょうから・・・こころのこえ)



イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。


『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
◇心の指針 You Tube  自分を活かす道 ―大川隆法総裁 心の指針132―
 
 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/2203-8c9f6d94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)