九州の地震には神の神意があるand建物倒壊による建築設計の見直し

Category政治

九州は大変なことになっています。ある意味で東日本の大地震と同じような事態だと思います。
同じ肉身を持った人として苦しみ、悲しみに心痛め、乗り越えていってくださることを祈るとともに
今自分ができることを考え、この記事を書いています。

僕の所属している幸福の科学、この創始者、総裁であられる大川先生より『熊本震度7の地震の
神意と警告』という「日本の意思の神」の霊言本が緊急発刊されました。


12987181_956848141100335_957230906309332123_n.jpg



この元になった霊言『熊本震度7の地震の神意』を昨晩拝聴させていただきました。
その中でいま日本には「世界精神」が臨んでいる。その「世界精神」をつぶそうとしているものに
対しては許さない
・・・と『日本の意思の神』様が言われています。

正論をはいて弾圧されるならば許さない!
神様がいる(この国に)ということをハッキリと実感してほしい!
実感できないならば実感できるところまでやる!

・・・という怖いお言葉がありました。

怖いですね!

しかし、これは愛です。
大愛です。
神様の愛です。

この日本という国は神様によって建国され、建国の精神がずっと流れているのです。
ですから『神国日本』なのですね。

時の政権は神の意思というものを忖度しこの国の運営に当たってきていたのですが
戦後71年経ってもいまだ神の意思を計ろうともしません。

忖度するどころか民主主義の名のもとに選挙での一票にとらわれ、戦後教育やマスコミの誘導操作によって
作られた民意を神と崇め政権運営、政権維持に務めています。

これは民主主義、民意という一神教によって神の存在、神の御意思を抹殺、黙殺、国民の目から
そらそうとしている計らい心、政治家やマスコミ、国民自身が神の上に立とうとしています。

これで天変地異がこなければ「神の御存在」を本当に信じんない国民になってしまします。
だから天変地異は神の子人間に対する神の愛なんですね・・・これで冷静は判断ができてくださり、
この記事を読み進んでいただければと願っています。

いま、日本の神々様の意思で幸福実現党という政党が七年前に立党されました。支援者である我々の
力不足、努力不足、神を信じることの薄さもありますが。あまりにもこの国の既存の政治家たちは保身に
立っているために神の言葉を受け入れず、一票を取り込みことだけに腐心しています。

今、この国では数が神様と崇められているのです。彼ら政治家にとっては有権者、民意が神様であって
本物の神意はどうでもよいようです。

そんな神を軽視する民主主義、神を軽視する国民であればこの国の精神、『神国日本の建国精神』に
合わないのでそんな民はこの国にいらないと警告されておられるのではないでしょうか。

阪神大震災は村山政権、東日本大地震は民主党政権、今回は自公政権、これもダメという神の意思が
働いていると思います。


真実は一つです。

この国にもう一度『神の国を打ち立てよ!!』・・・これが神の声であり、

幸福実現党が神の声のもとにあるということです。

この事実に気付かれる方が数多く出られることを願っています。




DSCF9597-15.jpg

 

今回の地震で多くの建物が初震よりも余震で倒壊しています。
これはこれでもか、これでもかという一見、無慈悲なようにも見えますがそれだけ『神意』を分かれという
神様からの強いシグナルだと思っています。

話は別次元ですが九州地方の建築基準では建物の耐用年数の範囲の中で地震の回数が少ないということ
も考慮され、構造設定値が法律で100%のところを割り引いて構造設計されることがゆるされているそうです。

しかし、地震は起きれば建物に対するダメージはみな同じです。しかも今回、余震で多く被害が出ていることを
見れば国の構造設計値時の配慮設定が基本的に間違っていることになります。今後はこの地域別による構造
設計値の配慮が取り消しになると思います。

地震国日本、そして、『神意』によってどこでも地震が起こせることができるならばこの世的には構造設計値は
全国同じでなければなりません。
その分、安全を買うというプライスが上乗せになりますが・・・・。
(本論はあくまでも『神国日本』、『神意』です・・・ここをはずしての議論は本末転倒になります。)

最後に亡くなられた方々のご冥福と、
避難されておられる方々が
一刻も早く安心できる場所に移れるよう
政治の力を神の愛として発揮していただきたいと
ねがっています。。






イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。


『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
◇心の指針 You Tube  自分を活かす道 ―大川隆法総裁 心の指針132―
 
 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。

0 Comments

Post a comment