かめぱぱの心のファインダー

 目に見えない光の存在を写真と文で皆様の心にお届けする幸福の科学信者の写真ブログです。

祝・十年目!信仰者としての表現者 


本日、4日でこの「かめぱぱの心のファインダー」も丸十年を迎えました。
たった一つの言葉を信じてここまで来ました・・・・。
今日は自分へのお祝いです。

どんなに写真がへたでもどんなにおかしなことを書いていても自分を信じ、自分の内なる強い思いに
従ってここまで来ました。
これからもそうだと思います。
十年目最初の『かめぱぱの心のファインダー』を記しておきたいと思います。


まず、写真の説明です。季節は昨年の初冬、場所は根津神社の池、すでに境内の黄金銀杏は池面にも葉を散らし終え、
そのほとんどが池の底に静かに眠っているかのようでした。

天気は曇り、心が幾分内向きになっている。
池面に浮かんでいる幾枚かの黄金銀杏の葉と池面に映える空、
この組み合わせに出会い、自らの内なる心と問いながらこの構図と光を取り込んだ。


DSCF8851-a.jpg

   根津神社にて Nikon D300   

 

この絵には池の底、池の水、池面、池面に浮く銀杏、空といろいろな空間認識を取り込んでいます。
そしてそのすべてを観る撮影者、そうなんですこの絵には多次元宇宙への思いが映し込まれている
のです。

池の底の銀杏の視点、思い。
池の水の視点、池面に浮かぶ銀杏の葉、空・・・・それぞれの思いとこれらが織りなす世界観。

そんなものを表現したかったのです。

絵には創り手の思いの世界が存在しています。
すなわち、異次元空間がその奥に拡がっています。

ですから、この世的なスキルの問題以外に重要なことが隠されているのです。
それはその見る絵を通じて制作者の心の世界へと誘われていきます。

そして、それはこの大宇宙の法則、波長同則の法則によって関心があれば自分の心の中にも
その世界が描かれていくということです。

これは厳然たる事実、真実なのです。

いま、芸術の世界、映像の世界では天国的でない地獄的なものがもてはやされています。
このことは、本来神様が造られたこの世の意味とは大きくかけ離れています。

創造主はこの世を私たち人間やすべての生命体の・・・もちろん地球人だけでなく、
宇宙の人々の魂修行の場として創られました。
それは存在するというだけでなく、時間と空間を創られたのです。

そうなんです、私たちは創造主の意思、大いなる愛の思いの中で生かされ、
生きている存在なのです。
ではその創造主の意思、大いなる愛とは何か!
それをつかむために必要なのが信仰なのです。

信仰ということを通して神様は私たちにこの世の善悪の中で神の意思、神の愛を伝えようとされているのです。
であるならば、現在の芸術の世界、映像の世界がどれだけ神の願いからずれてしまっているか・・・。

繰り返し見るものは心に焼き付き、自ら自身の進む道を決め、その心の状態にあったものが吸い寄せられてくる、
世界が現われてくる・・・・・。
この心の法則はすべての人に働いています。

私たち芸術家は、写真家はその作品を通して神の願い、神の愛を表現していかねばなりません。
現代人の多くの人々の心の奥に込められたる神の心、タイやモンドの心を今一度取り戻し、輝かせる・・・

そうなんです!僕たちの心の奥に確かに存在するダイヤモンドがこの写真の池の底の沈んでいる銀杏の
葉で覆われてしまっている・・・・というのが本当のところだと思っています。

この池の底に沈んでいた銀杏の葉も今年になってから綺麗に取り除かれていました。
本来のこの池を創られた設計者、造築者の思い、そしてこの池を多くの方々の楽しんでいただきたい
という神社関係の方々の管理思いが広がっていました。

そして忘れてはいけない最も大事なことがあります。
この池も根津神社の聖域を守る結界の一部だということ、
この空間世界を支え、守っているということなんですね。


DSC_0719-2_20160403125736c68.jpg

  東浅草山谷掘り公園にて Nikon D300   

 

結界として存在するためにはそこから出ている波動が仏の心にかなっているということ。
それでなければ結界護持、霊的バリアの守護神にはなれないということですね。

私たち人間は地球!地球!地球を守ろうというけれども、自分たちの心が地球の心と一つになって
いなければ大切な魂修行の場、地球を守ることはできないということです。

ここに信仰者としての表現者の存在が必要とされているのですね。

私たち人間は万物の霊長と目されています。
であるならば私たち人間こそが、一人一人が結界としても存在し、
全生命体の魂修行の場、地球を守らなければなりません。

話が膨らんできてしまいましたが、現時代に活躍されている芸術家、写真家、
もちろんすべての創造者たち、またこれからこの世界に入ってくる方々の人生は単なる自己表現でなく、
神の世界の一人としての自己表現者になることが今世の人生の成功の意味ではないか・・。

そう強く感じています。。


イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。


『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
◇心の指針 You Tube  自分を活かす道 ―大川隆法総裁 心の指針132―
 
 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/2191-138fd07e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)