生き通しの生命

Category信仰


生き通しの生命、幸福の科学では人間の本当の姿は霊であり、魂ですと教えていただいています。

本来の住み家は天国と言われる実在界に住んでおり、魂修行のためにこの地上に生まれてき、

またあの世と言われる霊的世界に帰る。

この繰り返しを何百年ごとに繰り返し、ある時はアフリカに、ある時はヨーロッパに、そしてまた日本にと

その人のその時の魂の成長に最も適した国に生まれ変わる永遠の旅人、生き通しの生命・・・なんですね。

実は母が帰天してからそのことがより魂の深いところまで落とし込めたようです。

本当にこの世とあの世の違いだけでいつも同じ空間、心の世界を通して母が肉体を持っていた時よりも

すごく身近に感じています。

かといって、いつも自分のそばにいるわけ、見えるわけではありませんが同じ信仰空間にいる、

エル・カンターレの光の子としての一体感があります。

不思議ですね!

父が帰天した時よりも、母も帰天してあちらの世界、天上界に父母二人になった今の方が強く、

よりはっきりと感じています。

この心の安定感は不思議です。

ふと、不動心という思いが浮かんできました。。



DSCF8483-2.jpg

 1月2日   FinePixS1   

  


イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。


『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
◇アー・ユー・ハッピー?
 
◇心の指針 You Tube  自分を活かす道 ―大川隆法総裁 心の指針132―
 
 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。

0 Comments

Post a comment