岩にかじりついても

Categoryモノクロ



難しい被写体でした。

ガスっているので明暗差もなく、単調なバック、その中でこの枯れ木をどう表現するか、

モノクロしか選択肢はありません、追い込めば背景の岩の表情はつぶれるし、とばすほど枯れ木には力がありません。

ここは自分の心のセンサーの勝負だと思いました。

何を感じ、どう思ったかを素直にカメラにぶつけるしかないと思いました。






DSCF5695-111-1.jpg

 10月4日万座峠 山田入林道終点付近にて FinePixS1   

  



この場所もあと何年はしたら崩れ、この枯れ木も谷底へと消えさることになるかもしれません。

その残されている貴重な時間、というか存在を許されている時間の中でこの木のたくましさ、必死さ、がんばり、生きることへの信仰、

そんなものが枯れた今も残心となって僕のこころにシグナルを送ってきました。

枯れ木というと、物哀しさが漂う者ですが、むしろ僕には生きることの大切さの証に見えてしまいます。

今、この木は人生、生へのしたたかさを僕の心に残しています。


見る対象までいっていないので作品ではなく習作としてとめおきておきたいと思ってます。



イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。


『心の指針 17 イメージングの力』 より                  


◇心の指針 You Tube  宇宙への架橋 ―大川隆法総裁 心の指針129―
 
 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。

0 Comments

Post a comment