浄土の世界

Category信仰



那須の来世幸福園の蓮華池、

そこは浄土の世界、

お盆の昼下がり、

ハスの花のゆりかごで

ご先祖様たちが午睡中




DSCF4321-20-1.jpg

  FinePixS1   

  


一般的には彼岸とはあの世の世界、地獄極楽の極楽浄土の世界とみられていますが

彼岸の本当の意味は「真理の世界」、「理想世界」をいうそうです。

ですからそこまで到達するためにはこの世に生きている時に悟りの縁を得て

悟りに至る道に入り、生きているうちに悟りの世界に参入しなければ到彼岸は難しいそうです。


もちろん、残された子孫が悟りを得て、あの世に生きるご先祖様に悟りの光を回向することによって

生きていたときの自らの過ちや、足らざるとことを反省し、光の天使の導きを得て彼岸の世界に帰られる、

ということもあります。


いずれにしてもこの世において正しい信仰を持ち、善人として生き、世のため人のための愛に生きなければ

今世に生きる者も、あの世にも帰ることが出来ずに迷っている者やあの世で苦しんでいる人たちを

救いあげる、彼岸に導くことは出来ないということです。


すべては現在只今に生きている自分という者にかかっているということです。

正しい信仰に生きるということは多くの人々への愛の行為でもあるということを知るべきであると

思っています。


物質世界というこの世において本来自分たちが住んでいる彼岸の世界、悟りの世界での

生き方を思いだし、この世においても彼岸の心で努力精進していく、この世を仏国土にしていく、

これが悟りに至る道であり、到彼岸の心ではないでしょうか。


いまはありがたいことに身近な所に幸福の科学の支部や精舎が多くあります。

そして、すべての方々、お一人お一人にあった悟りに至る道が用意されています。

いまは関心ない方もおられるかもしれませんがどうか心に留めおいてください。

なぜならばここを通らずしては今人生に成功したとはいえない現実が死後の世界に待っています。

今日はこのことをお伝えしたく書いています。。


イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。


                                 『心の指針 17 イメージングの力』 より  
                


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
 ◇アー・ユー・ハッピー?  

 
◇心の指針 You Tube  宇宙への架橋 ―大川隆法総裁 心の指針129―
 
 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。


☆間違えるな安倍首相!天の眼を持て!!  
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。





人生の悩みを解決したい、あなたに!!
 幸福の科学 みんなの声|voicee(ボイシー)
日暮里発 吹かそう幸福実現の風

0 Comments

Post a comment