待ち時間

Category人生

人は良く他人との比較においてこころに曇りを作っていきます。

その初めは小さな時、自我に目覚めていくときに

両親や、兄弟、他の人のなにげない他者(兄弟)と比較の中で

自我の方向性が与えられるからです。

その自我の方向性(他人との比較)は必ずしも本人の良きと思う方向ばかりではありません。

ここに小さいながらも心の葛藤が始まります。

そして、小さいながらも自分自身で判断を下すわけです。

それはじぶんにとってプラスと取るかマイナスと取るかです。

マイナスととらえた瞬間から心の傷として残り、

その傷が人生の長い時間の中で方向ずけに(影響)を与え続けるのです。




DSCF1948-2.jpg

  FinePixS1   

  



子供のころは正しさの基準なんてわかりませんし、

幾転生の中で培ってきた個性や、マイナスの思い、”カルマ”にしたがって

ごくごく自然に判断をなされていきます。

ここに人生の妙、魂修行の醍醐味があるんですね!


人間の本性は”善なる魂”、

これ故にいたるところで善への誘い、善なる魂への修復のチャンスが幾度となく与えられています。


”正しさの基準”が示され続けます。

しかし、小さき時の心の傷が(フィルターが)こころに目隠しをしています。


でも安心して下さいね。

そんなこんなで苦しんでいるあなたには協力者がいます!

それは生まれてくる前のあの世、天国で約束していた人がいるのです。

しかも複数者です。

あなたが苦悩の時、必ずその人はあなたのそば近くにいます。

あなたをじっと見つめています。

そして、ときあらば、あなたのよき導き手になろうとしています。


これもすべて

仏が

人の性を善なるものと創られたからです。

仏御自身と同じ性質、仏性で創られた仏の子だからです。


このことに気が付いた時

「ああ、自分は何と長き時間を待っていたのだろうか、

苦悩の中にあってもよく耐えてきたな」

そう思って自分をほめてやることです。

他の人の自分の目覚めをじっと待ってくれていた時間の尊さに気が付くことです。

その時、はじめて

自分や他の人に対して人のこころが”善なるを信じ”、

愛を持って接し、希望のこころを与えることです。


良き者たちだけでなく、悪しき者たちも教育には力を入れていますが

愛こそが教育の根底に流れるものです。

”善なるを信じてこそ”人々は幸福になっていきます。

幸福なる社会、幸福なる世界、幸福なる宇宙の一員となれるのです。


時間というのは

仏の、

根本仏の、

主エル・カンターレの愛そのもので紡がれているということです。。




イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。


                                 『心の指針 17 イメージングの力』 より  
                


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
 ◇アー・ユー・ハッピー?  

 
◇心の指針 You Tube 勇気と自信 ―大川隆法総裁 心の指針126―
 
 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。


☆間違えるな安倍首相!天の眼を持て!!  
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。





人生の悩みを解決したい、あなたに!!
 幸福の科学 みんなの声|voicee(ボイシー)
日暮里発 吹かそう幸福実現の風

0 Comments

Post a comment